農業守るため攻める! 自民60年式典で首相がTPP成果を強調

インバウンド・地域活性

 安倍晋三首相(自民党総裁)は29日、東京都内で開かれた同党の立党60年記念式典で演説し、環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受け、「中山間地も含めて農林水産業をしっかりと守っていく」と強調した。一方で、農家の高齢化や国内の人口減少を踏まえ、輸出拡大など攻めの農業への転換の必要性を訴えた。
 首相は、TPPによって「日本の前に新たな可能性と未来が広がる」と成果を強調。一方で、「TPP交渉に参加する際、私は『農業は必ず守っていく、私を信じてほしい』と約束した。その約束を必ず果たしていく」とも述べた。首相は、TPP交渉への参加を表明した直後の2013年3月の同党大会で「必ず日本の農業と食を守る」と語っていた。

 また農業者の平均年齢が66歳を超えたことや人口減少に伴う国内での消費減に言及し、「守るためには攻めなければならない」と指摘。「TPPで生まれる新たな市場は、日本の品質の高い農産品を待っている」と述べ、オランダを例に挙げて国産農産物の輸出拡大を促した。「若い皆さんが農業に魅力を感じる『農業新時代』を必ず作っていく」とも述べた。

 首相は来年夏の参院選について「勝ち抜かなければならない。勝利を得て、次なる60年に大きな一歩を踏み出していこう」と呼び掛けた。

農業守るため攻める TPP成果を強調 自民60年式典で首相

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

    越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top