農業守るため攻める! 自民60年式典で首相がTPP成果を強調

インバウンド・地域活性

 安倍晋三首相(自民党総裁)は29日、東京都内で開かれた同党の立党60年記念式典で演説し、環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受け、「中山間地も含めて農林水産業をしっかりと守っていく」と強調した。一方で、農家の高齢化や国内の人口減少を踏まえ、輸出拡大など攻めの農業への転換の必要性を訴えた。
 首相は、TPPによって「日本の前に新たな可能性と未来が広がる」と成果を強調。一方で、「TPP交渉に参加する際、私は『農業は必ず守っていく、私を信じてほしい』と約束した。その約束を必ず果たしていく」とも述べた。首相は、TPP交渉への参加を表明した直後の2013年3月の同党大会で「必ず日本の農業と食を守る」と語っていた。

 また農業者の平均年齢が66歳を超えたことや人口減少に伴う国内での消費減に言及し、「守るためには攻めなければならない」と指摘。「TPPで生まれる新たな市場は、日本の品質の高い農産品を待っている」と述べ、オランダを例に挙げて国産農産物の輸出拡大を促した。「若い皆さんが農業に魅力を感じる『農業新時代』を必ず作っていく」とも述べた。

 首相は来年夏の参院選について「勝ち抜かなければならない。勝利を得て、次なる60年に大きな一歩を踏み出していこう」と呼び掛けた。

農業守るため攻める TPP成果を強調 自民60年式典で首相

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 大分県の屋内スポーツ施設、ラグビーワールドカップまでに完成

    大分県の屋内スポーツ施設、ラグビーワールドカップまでに完成

  3. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  10. JR西広島駅南口再開発、大きく変貌する西の玄関口

アクセスランキングをもっと見る

page top