千葉市民100人による「まちづくり」大ワークショップ 画像 千葉市民100人による「まちづくり」大ワークショップ

イベント

 千葉市は、楽しみながら身近な地域のまちづくりについて考える「市民100人 大ワークショップ」を12月12日・19日に開催する。定員は各日100名。中学生以下の参加者には、子ども向けワークショップも実施。参加には、市民自治推進課へ事前申込みが必要。

 「市民100人 大ワークショップ」は、まちを良くしていくのは誰か、まちを良くするために何ができるかということを参加者同士で話し合い、まちづくりに対する意識を高めることを目的としている。

 12月12日には市長による講演と、「まちを良くしていくのは誰だろう」をテーマにワークショップを実施。12月19日には、武蔵大学社会学部 粉川一郎教授による講演と、「半径500メートル以内で私たちにできること」をテーマとしたワークショップを行う。ワークショップでは両日とも、東京大学公共政策大学院の奥村裕一客員教授をアドバイザーに迎える。

 中学生以下の参加者のための子ども向けワークショップが同時に開催され、「千葉市の好きなところは?」について話し合う。

 「市民100人 大ワークショップ」は、総合保健医療センターで開催。定員は各日100名。キッズスペースも用意されているので子どもの同伴も可能となっている。参加希望者は、12月4日までに市民自治推進課まで電子申請もしくは電話、FAX、メールにて申込みが必要。

 12月19日の午後2時から午後4時までは、ワークショップのようすをツイッターで配信する。指定のハッシュタグで意見の投稿も可能となっており、より多くの市民にまちづくりへの意識を高めてほしいという。

 また、ワークショップの開催運営ボランティアも募集している。ボランティアの詳細は市民自治推進課へ問い合わせのこと。

◆千葉市「市民100人 大ワークショップ」
日時:
【第1回】12月12日(土)13:30~16:00
【第2回】12月19日(土)13:30~16:00
会場:総合保健医療センター5階 大会議室(美浜区幸町1-3-9)
定員:各日100名
申込み:市民自治推進課へ電子申請もしくは電話、FAX、メールにて
締切り:12月4日(金)
※参加は1日のみでも、2日間でも可能
※中学生以下の参加者には、子ども向けワークショップを同時開催
※キッズスペースの用意あり。子どもの同伴も可能

千葉市、まちづくりを考える大ワークショップ…100人募集

《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

    ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  2. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

    社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  3. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

    メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  4. 「鳥取だから」できた医療シミュレーターロボット/テムザック技術研究所

  5. 「完全自動運行ドローン」を業務活用する/国際ドローン展

  6. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  7. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  8. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  9. 1000社規模セミナーを今後の柱に、CHO構想に新たな展開

  10. 【実践ソリューションフェア:2】最新事例に見るIoT導入のヒント

アクセスランキングをもっと見る

page top