年末緊急! 都が中小企業の金融・雇用等を支援 画像 年末緊急! 都が中小企業の金融・雇用等を支援

マネジメント

 東京都産業労働局は30日、年末に向けた特別対策として「中小企業に対する金融支援の強化」、「中小企業の資金繰り・経営に関する年末特別相談窓口の開設」、「過重労働・解雇・退職、再就職等に関する年末特別相談会」などを発表した。

 「中小企業に対する金融支援の強化」は、中小企業制度融資(つなぎ融資メニュー)の融資限度額を、「小口・短期つなぎ特例」は300万円から500万円へ、「クイック・短期つなぎ特例」は500万円から700万円へ引き上げるもの。「地域の金融機関と連携した新保証付融資制度」については、信用保証料率(年率)を上限3%以内から2.5%以内へ引き下げる。

 「中小企業の資金繰り・経営に関する年末特別相談窓口の開設」とは、金融機関の最終営業日に合わせ、12月29・30日の9~17時に、資金繰りに関する電話相談を受け付ける。窓口は東京都産業労働局金融部金融課(電話03-5320-4877)。ほかにも全般的な経営課題の解決に向けて、東京都中小企業振興公社でも中小企業診断士による無料相談を実施する。

 雇用面では、12月8・9日の9時30分~17時に「過重労働・解雇・退職、再就職等に関する年末特別相談会」を開催。弁護士や就職支援アドバイザー(キャリアカウンセラー)などにより、労働相談や就職相談などの無料相談に応じる。

 都ではほかにも「東京都中小企業従業員融資の融資利率の引き下げ」を12月1日から翌3月31日まで実施。個人融資、家内労働者融資、子育て・介護支援融資のそれぞれで利率が0.2%引き下げられる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤/H14》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【回転窓】外国人が見た日本の魅力

    【回転窓】外国人が見た日本の魅力

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

    「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  4. トヨタ首位陥落、新車販売はスバル以外7社が前年割れ……新聞からみる自動車業界

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  9. 水没車両を積極買取……事故車買取業者が表明

  10. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

アクセスランキングをもっと見る

page top