【活写】ユウガオの響き優雅、栃木県小山市 画像 【活写】ユウガオの響き優雅、栃木県小山市

インバウンド・地域活性

 かんぴょうの材料になるユウガオの実を使ったスピーカーが話題になっている。栃木県小山市にあるカーオーディオ専門店が開発し、「かんぴょうの響(ひびき)」の商品名で12月1日に発売する。
 かんぴょうの大産地、下野市の農家が栽培したユウガオの実の中身をくりぬいて乾かし、ニスを塗って二つのスピーカーユニットと足を取り付けた。さまざまな車にスピーカーを取り付ける技術を生かし、2年かけて開発した。「畑で採れたスピーカー」のキャッチコピーを付けてPRしている。

 形や大きさはそれぞれ違い、標準的なもので高さと幅が約35センチ、重さが約1・5キロ。開発したサウンドテック高橋電機社長の高橋昭さん(65)は「自然の素材にしか出せない魅力的な響きを感じてもらいたい」とアピールする。価格は1個6万3000円(税別)。

[活写] ユウガオの響き優雅 栃木県小山市

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

    【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  7. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  8. 大阪府吹田市の健都イノベーションパーク利用事業、医療・医薬の開発推進へ

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top