【活写】ユウガオの響き優雅、栃木県小山市 画像 【活写】ユウガオの響き優雅、栃木県小山市

インバウンド・地域活性

 かんぴょうの材料になるユウガオの実を使ったスピーカーが話題になっている。栃木県小山市にあるカーオーディオ専門店が開発し、「かんぴょうの響(ひびき)」の商品名で12月1日に発売する。
 かんぴょうの大産地、下野市の農家が栽培したユウガオの実の中身をくりぬいて乾かし、ニスを塗って二つのスピーカーユニットと足を取り付けた。さまざまな車にスピーカーを取り付ける技術を生かし、2年かけて開発した。「畑で採れたスピーカー」のキャッチコピーを付けてPRしている。

 形や大きさはそれぞれ違い、標準的なもので高さと幅が約35センチ、重さが約1・5キロ。開発したサウンドテック高橋電機社長の高橋昭さん(65)は「自然の素材にしか出せない魅力的な響きを感じてもらいたい」とアピールする。価格は1個6万3000円(税別)。

[活写] ユウガオの響き優雅 栃木県小山市

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

    茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  4. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 東京都・豊海地区再開発。189メートルのタワーマンション2棟建設

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top