大林組が水上都市構想を発表! 洋上ランドマーク整備も 画像 大林組が水上都市構想を発表! 洋上ランドマーク整備も

インバウンド・地域活性

 大林組は27日、2020年東京五輪後に描く「スマート・ウォーター・シティ東京」建設構想を発表した。かつて「東洋のベネチア」と称され、暮らしの中に水が豊富にあった水都・東京の姿をよみがえらせる試み。水都にふさわしい洋上のランドマーク「東京ウェルカム・ゲート」の整備や都心部の降水を大量に貯留し循環活用する「スマート・ウォーター・ネットワーク」の構築などを提案している。
 構想は、建設にまつわる文化を考察、紹介する広報誌「季刊大林」(56号)に、技術陣の誌上構想として掲載した。
 東京は現在、水源不足、渇水、洪水など水環境を取り巻く課題を抱えている。構想では、貴重な水源を適正にマネジメントしながら有効に利活用する現代の水都を検討。都心部に水の流れを復活させ、水上交通としても活用する「水路復活」なども提案している。

大林組/水上都市構想を発表/水都・東京の復活めざす、洋上ランドマーク整備も

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  5. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  6. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

  9. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  10. 富裕層インバウンドの法則その8

アクセスランキングをもっと見る

page top