長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援 画像 長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

インバウンド・地域活性

 空き巣などの侵入者対策として近年需要が高まっているセンサーライト。光による直接的な効果だけでなく、防犯意識が高いということを知らせることで狙われにくくなる効果もあるという。

 愛知県長久手市では高齢者防犯対策事業として、65歳以上のひとり暮らしまたは後期高齢者(満75歳以上)のみの世帯を対象に、防犯用センサーライトの取り付け支援を行うことを発表した。

 申請書及び確約書に必要事項を記入し、市の福祉部長寿課に提出することで玄関前などにセンサーライトを取り付けることが可能。同一世帯につき1個を1回に限り、1割相当の個人負担額で設置できる。

【地域防犯の取り組み】長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  6. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

アクセスランキングをもっと見る

page top