長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援 画像 長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

インバウンド・地域活性

 空き巣などの侵入者対策として近年需要が高まっているセンサーライト。光による直接的な効果だけでなく、防犯意識が高いということを知らせることで狙われにくくなる効果もあるという。

 愛知県長久手市では高齢者防犯対策事業として、65歳以上のひとり暮らしまたは後期高齢者(満75歳以上)のみの世帯を対象に、防犯用センサーライトの取り付け支援を行うことを発表した。

 申請書及び確約書に必要事項を記入し、市の福祉部長寿課に提出することで玄関前などにセンサーライトを取り付けることが可能。同一世帯につき1個を1回に限り、1割相当の個人負担額で設置できる。

【地域防犯の取り組み】長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. 「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに!

    「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに!

  4. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 【東北の農林水産業】全てが流された魚市場。奇跡の復興

  7. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  8. 首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

  9. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

  10. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

アクセスランキングをもっと見る

page top