長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援 画像 長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

インバウンド・地域活性

 空き巣などの侵入者対策として近年需要が高まっているセンサーライト。光による直接的な効果だけでなく、防犯意識が高いということを知らせることで狙われにくくなる効果もあるという。

 愛知県長久手市では高齢者防犯対策事業として、65歳以上のひとり暮らしまたは後期高齢者(満75歳以上)のみの世帯を対象に、防犯用センサーライトの取り付け支援を行うことを発表した。

 申請書及び確約書に必要事項を記入し、市の福祉部長寿課に提出することで玄関前などにセンサーライトを取り付けることが可能。同一世帯につき1個を1回に限り、1割相当の個人負担額で設置できる。

【地域防犯の取り組み】長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top