ストレスチェック義務化に対する企業の対応は「残業削減」? 画像 ストレスチェック義務化に対する企業の対応は「残業削減」?

人材

 「今後、残業時間削減にどう対応しますか?」。エン・ジャパンが運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」では、登録する企業に対して時間外労働(残業)に関する意識調査を実施。この質問に対して「削減に向けて、積極的に取り組む」という回答が60%を占めた。

 一方、「状況を見て、取り組みを検討する」は35%、「積極的には取り組まない」は2%となっている。昨年行なった同調査では、「削減に向けて、積極的に取り組む」が57%、「状況を見て、取り組みを検討する」が31%で、合わせて7ポイント増加した。一方、「積極的には取り組まない」が5%から3ポイント減り、全体としては時間外労働(残業)を削減しようという傾向が見られる。

 実際、残業時間の削減に取り組んでいる企業を調べると87%にのぼり、昨年の83%から4ポイント増加。削減に取り組む理由の上位は、「従業員の健康のため」(71%)、「生産性向上のため」(46%)、「残業費削減のため」(43%)、「従業員の満足度向上のため」(35%)などが挙がった。12月からのストレスチェックの義務化を受け、企業に“健康経営”が浸透しつつあることがうかがえる。

 時間外労働(残業)削減に向け、実際に取り組んだうえで効果的だと感じるものは、「管理職への教育(時間管理)」や「業務分担やフローの見直し」、「残業を事前申請させる」、「ノー残業デーを設ける」などが挙がった。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

    事業承継の2017年問題2:経営改善に取り組むのが先決

  2. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

    建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

  3. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

    ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  4. 首都高速会社が点検技術者資格で、戦略的に人材確保・育成へ

  5. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  6. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

  7. 電気/通信設備工事各社、技術系の新入社員数が大幅増!

  8. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  9. 【HANJO女子】都市鉄道整備に自分のレベルアップを重ねる

  10. ドラマ『火花』(又吉直樹)に会社員の人間関係を見る

アクセスランキングをもっと見る

page top