ストレスチェック義務化に対する企業の対応は「残業削減」? 画像 ストレスチェック義務化に対する企業の対応は「残業削減」?

人材

 「今後、残業時間削減にどう対応しますか?」。エン・ジャパンが運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」では、登録する企業に対して時間外労働(残業)に関する意識調査を実施。この質問に対して「削減に向けて、積極的に取り組む」という回答が60%を占めた。

 一方、「状況を見て、取り組みを検討する」は35%、「積極的には取り組まない」は2%となっている。昨年行なった同調査では、「削減に向けて、積極的に取り組む」が57%、「状況を見て、取り組みを検討する」が31%で、合わせて7ポイント増加した。一方、「積極的には取り組まない」が5%から3ポイント減り、全体としては時間外労働(残業)を削減しようという傾向が見られる。

 実際、残業時間の削減に取り組んでいる企業を調べると87%にのぼり、昨年の83%から4ポイント増加。削減に取り組む理由の上位は、「従業員の健康のため」(71%)、「生産性向上のため」(46%)、「残業費削減のため」(43%)、「従業員の満足度向上のため」(35%)などが挙がった。12月からのストレスチェックの義務化を受け、企業に“健康経営”が浸透しつつあることがうかがえる。

 時間外労働(残業)削減に向け、実際に取り組んだうえで効果的だと感じるものは、「管理職への教育(時間管理)」や「業務分担やフローの見直し」、「残業を事前申請させる」、「ノー残業デーを設ける」などが挙がった。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

    HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 「イクメン企業アワード2016」に見る、育児休業取得促進のヒント

  5. 外国人労働者と働くためのコミュニケーション

  6. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  7. 【HANJO女子】現場で学んだ“瞬発力”

  8. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  9. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  10. 建設業界がメンタルヘルス対策に高い関心。労研調査でゼネコン半数に休業・退職者

アクセスランキングをもっと見る

page top