VWグループ、投資削減もEV化投資は増額 画像 VWグループ、投資削減もEV化投資は増額

制度・ビジネスチャンス

排ガス不正問題への対策費用に備えて、投資の削減を打ち出したフォルクスワーゲングループ。同社がその一方で、電動化技術への投資は増やす意向を示した。

これは11月20日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「エコカー技術への2016年の投資は、1億ユーロ(約130億円)増額する」と発表している。

フォルクスワーゲングループは、2016年の自動車部門への設備投資額を、当初計画のおよそ130億ユーロ(約1兆7000億円)から、およそ120億ユーロ(約1兆5700億円)へと、1割削減することを決めた。

しかし、将来のテクノロジーとして欠かせないエコカー技術に対しては、1億ユーロ増やして開発を促進していく。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEOは、「我々の未来を切り詰めるような過ちは、犯さないつもりだ」とコメントしている。

投資削減のVWグループ、エコカー技術への投資は増額

《森脇稔》

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  2. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 【あたらしい訪問型ビジネス:3】“オフィス”をセラピーの場に

  8. 地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

  9. 17年の建設業界、キーワードに生産性向上と働き方改革

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top