全建「公共事業予算増額を」、ブロック会議踏まえ意見書提出 画像 全建「公共事業予算増額を」、ブロック会議踏まえ意見書提出

マネジメント

 全国建設業協会(全建、近藤晴貞会長)は26日に東京都内で開いた理事会・全国会長会議で、「社会資本整備の着実な推進について」と題した意見を決定し、石井啓一国土交通相や自民党議員に提出した。国土交通省と各地区で行った15年度ブロック会議・地域懇談会を踏まえた47都道府県建設業協会の「総意」として、計画的・安定的な公共事業予算の確保や、防災・減災関連のインフラ事業予算の確保など8項目の要望を盛り込んだ。
 意見は、▽計画的・安定的な公共事業予算の確保・拡大▽15年度大型補正予算の早期編成・15年度を上回る公共事業関係16年度当初予算の確保▽東日本大震災の復興や防災・減災に必要な予算の確保▽改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)の運用指針の徹底▽適正利潤の確保▽設計労務単価のさらなる引き上げ・労働環境の改善▽地域建設企業の担い手の確保・育成▽建設現場の省力化・効率化、受注機会の拡大。
 ブロック会議・地域懇談会では、中小建設会社による受注が多い小・中規模工事の発注量の減少を指摘する意見が相次いだ。この日決めた意見の冒頭では、工事量の地域間格差の顕在化と、地域建設業の疲弊による災害対応空白地域の拡大に懸念を表明。その上で、公共投資の着実な推進と建設産業の担い手確保の必要性を訴えた。
 要望のうち、16年度当初予算については、「15年度を着実に上回る」よう要望。防災・減災関連は、東日本大震災の復興と、首都直下地震、東海・東南海・南海地震への備えを求めた。公共工事品確法の運用指針をめぐっては、適正な予定価格設定、歩切りの根絶、低入札価格調査基準・最低制限価格基準の設定・活用徹底、発注・施工時期の平準化、工事の性格に応じた入札契約方式の選択・活用を申し入れた。
 適正利潤の確保では、実態を反映した予定価格設定と予定価格の事後公表も要請。担い手確保・育成では、職業訓練施設の機能強化とともに、業界の災害対応に関する広報予算の拡充も盛り込んだ。受注機会の拡大では、指名競争入札の積極活用を柱に据えた。
 会長会議で近藤会長は「積極的に声を上げていただきたい」と各協会長に協力を要請。来賓の脇雅史・元自民党参院幹事長は「予算を少なくとも減らすことがないよう頑張っている」と述べた。
 基礎杭の施工データ流用問題に関する経緯も報告され、近藤会長は事態の収束に向け適切な対応を要請。調査などへの協力も求めた。

全建/公共事業予算増額を、ブロック会議踏まえ意見書提出/品確法運用指針の徹底も

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  3. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

    厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

  4. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  5. 「試作品販売サイト」が登場…未来の日本のいいものを紹介

  6. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  7. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  8. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  9. データで分析する「宿泊施設にリピート客が生まれる仕組み」

  10. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

アクセスランキングをもっと見る

page top