建築家・槇文彦氏が芸術院新会員に内定、日本芸術院 画像 建築家・槇文彦氏が芸術院新会員に内定、日本芸術院

人材

 日本芸術院(黒井千次院長)は25日、15年度の新会員に建築家の槇文彦氏(87)ら6人を内定した。馳浩文部科学相が12月15日付で発令する。
 槇氏は東京都出身。1952年に東大工学部建築学科を卒業し、54年に米ハーバード大大学院建築修士課程を修了。米国の設計事務所に勤務し、ワシントン大とハーバード大の准教授も務めた。65年に帰国して槇総合計画事務所を設立。79~89年には東大教授を務めた。
 国内では、幕張メッセや代官山ヒルサイドテラス、京都国立近代美術館、東京体育館、テレビ朝日本社ビル、朱鷺メッセなどの設計を手掛けたほか、2001年9月11日の米同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービルの跡地に建てられた超高層ビル「フォー・ワールド・トレード・センター」を設計するなど、多くの作品が国内外で高い評価を得ている。
 これまでに日本建築学会賞、プリツカー賞、国際建築家連合(UIA)ゴールドメダル、高松宮殿下記念世界文化賞、日本建築学会大賞、米国建築家協会(AIA)ゴールドメダル、日本芸術院賞などを受賞。13年には文化功労者に選ばれている。
 最近は、多額の事業費と巨大な施設規模が社会問題となった2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の当初計画案を批判し、代替案を示して注目を集めた。

槇文彦氏/芸術院新会員に内定/文科相、12月15日発令

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

    自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

  3. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  4. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  5. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  6. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  7. 国交省、建設マスターの受賞者406人を決定

  8. 愛知県、教職経験豊富な志願者が増加

  9. 「健康経営が企業の柱になってほしい」。横浜市が健康経営セミナー

  10. 女性も働きやすい建設現場へ…男女別トイレのモデル工事

アクセスランキングをもっと見る

page top