建築家・槇文彦氏が芸術院新会員に内定、日本芸術院 画像 建築家・槇文彦氏が芸術院新会員に内定、日本芸術院

人材

 日本芸術院(黒井千次院長)は25日、15年度の新会員に建築家の槇文彦氏(87)ら6人を内定した。馳浩文部科学相が12月15日付で発令する。
 槇氏は東京都出身。1952年に東大工学部建築学科を卒業し、54年に米ハーバード大大学院建築修士課程を修了。米国の設計事務所に勤務し、ワシントン大とハーバード大の准教授も務めた。65年に帰国して槇総合計画事務所を設立。79~89年には東大教授を務めた。
 国内では、幕張メッセや代官山ヒルサイドテラス、京都国立近代美術館、東京体育館、テレビ朝日本社ビル、朱鷺メッセなどの設計を手掛けたほか、2001年9月11日の米同時多発テロで崩壊したニューヨークの世界貿易センタービルの跡地に建てられた超高層ビル「フォー・ワールド・トレード・センター」を設計するなど、多くの作品が国内外で高い評価を得ている。
 これまでに日本建築学会賞、プリツカー賞、国際建築家連合(UIA)ゴールドメダル、高松宮殿下記念世界文化賞、日本建築学会大賞、米国建築家協会(AIA)ゴールドメダル、日本芸術院賞などを受賞。13年には文化功労者に選ばれている。
 最近は、多額の事業費と巨大な施設規模が社会問題となった2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の当初計画案を批判し、代替案を示して注目を集めた。

槇文彦氏/芸術院新会員に内定/文科相、12月15日発令

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. 土木研究センター、理事長に元国土技術政策総合研究所長の西川和廣氏就任

  5. “地域インフラ”サポートプラン関東2016、担い手確保へ

  6. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  7. 中部整備局で現場パト「けんせつ小町隊」が結成! 女性が働きやすい現場づくりへ

  8. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  9. 全国各地へU・Iターン! 転職イベントが1月30日に東京で開催

  10. 建設現場の「快適トイレ」導入推進へ。臭い対策も

アクセスランキングをもっと見る

page top