「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり 画像 「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり

人材

 東京都板橋区はタニタ(東京都板橋区、谷田千里社長、03・3968・2111)などと連携し、「いたばし健康づくりプロジェクト」を本格的に始めた。ある程度運動習慣のある人向けの「スポーツコース」を設け、体育館、商店街などの区内全域に計測地点を設けたことが特徴。同区の平岩俊二健康推進課長は「スポーツコースでは7キログラム近い減量に成功した参加者もいる」と出足は上々だ。

 プロジェクトの参加者は自分の体力に合った半年間のコースを選択し、水泳などの講習、セミナーに参加する。参加者にはタニタの活動量計を提供。区内11カ所で同社の体組成計などを利用して計測を行い、そのデータを同社の「からだカルテ」で管理する。

 タニタは自社社員向けの健康づくりの取り組みをベースに、静岡県三島市、埼玉県鶴ケ島市、新潟県長岡市などの自治体に対して健康事業を行っている。板橋区とは2008年から特定保健指導の該当者向けの事業を行っており、14年の協定締結により試験的に健康事業を始めた。

 区民の健康づくりは医療費の削減につながる。ただ、「計測などを行う中で体の異常に気づくケースもあり、短期的に見れば医療費は増える」とタニタ子会社のタニタヘルスリンク(東京都豊島区)の土志田敬祐取締役は話す。生活習慣病予防や健康づくりは長い目で見ることが肝要のようだ。

 板橋区はこのプロジェクトを5カ年計画で実施し、2016年度以降さらに内容を充実させる見通しだ。また、商店街の空き店舗を改装したカフェでは同社監修の独自メニューを提供するなど、健康づくりにとどまらない魅力的なまちづくりを進める。

(文=苦瓜朋子)

「タニタ効果」で7kgの減量成功者も

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 中小企業社長の決めゼリフ!Vol.2「よりよい社会を作っていこう」/(株)イマクリエ 鈴木信吾さん

    中小企業社長の決めゼリフ!Vol.2「よりよい社会を作っていこう」/(株)イマクリエ 鈴木信吾さん

  2. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  3. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  4. 米袋がリサイクルで素敵なバッグに!/コンドワバッグ

  5. けんせつ小町活躍現場見学会、建設業で働く女性の仕事や魅力を中学生に

  6. 技術職採用試験、受験者確保へ新たな取り組み 北海道

  7. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  8. 三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

  9. 米商品相次ぐ値上げ、人手不足が主因?

  10. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第2回 ITメディアの理解が人材獲得につながる

アクセスランキングをもっと見る

page top