6次産業・地産地消品のビジネスマッチングフェア開催、愛知県 画像 6次産業・地産地消品のビジネスマッチングフェア開催、愛知県

インバウンド・地域活性

 愛知県は2016年2月2日に開催される「6次産業化・地産地消ビジネスフェア」について、来場事業者の募集を開始した。会場はアイリス愛知(名古屋市中区)の「コスモス」及び「サフラン」。

 第六次産業とは農業や水産業の事業者が生産だけではなく、食品加工、流通、販売までを多角化に手掛けることを指す。農業や水産業が第一次産業、商品加工が第二次産業、流通や販売が第三次産業にあたることから、これらの数字を足して第六次産業と呼ばれるようになった。

 同フェアは第六次産業品や地産地消品を提供する事業者と、これらに関心を持つ流通業者や飲食関連業者などのマッチングを目的としたもの。県内事業者の新商品の開発を促進するとともに、販路拡大を目指す。

 今回募集するのは、県内の第六次産業品や地産地消品に関心を持つ事業者。出展者は65事業者・団体。12時から16時にかけて、米、野菜、畜産物、水産物など県産の農林水産物をはじめ、漬物、調味料、菓子、惣菜、飲料といった加工品を展示。12時40分からはプレゼンテーションが行われる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  3. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 成田空港四者協議会、第3滑走路新設検討、整備費は1000億規模

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top