6次産業・地産地消品のビジネスマッチングフェア開催、愛知県 画像 6次産業・地産地消品のビジネスマッチングフェア開催、愛知県

インバウンド・地域活性

 愛知県は2016年2月2日に開催される「6次産業化・地産地消ビジネスフェア」について、来場事業者の募集を開始した。会場はアイリス愛知(名古屋市中区)の「コスモス」及び「サフラン」。

 第六次産業とは農業や水産業の事業者が生産だけではなく、食品加工、流通、販売までを多角化に手掛けることを指す。農業や水産業が第一次産業、商品加工が第二次産業、流通や販売が第三次産業にあたることから、これらの数字を足して第六次産業と呼ばれるようになった。

 同フェアは第六次産業品や地産地消品を提供する事業者と、これらに関心を持つ流通業者や飲食関連業者などのマッチングを目的としたもの。県内事業者の新商品の開発を促進するとともに、販路拡大を目指す。

 今回募集するのは、県内の第六次産業品や地産地消品に関心を持つ事業者。出展者は65事業者・団体。12時から16時にかけて、米、野菜、畜産物、水産物など県産の農林水産物をはじめ、漬物、調味料、菓子、惣菜、飲料といった加工品を展示。12時40分からはプレゼンテーションが行われる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

    大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  8. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  9. 地方の問題はお金より人材……鹿児島県長島町が24業種のプロを全国から募集

  10. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

アクセスランキングをもっと見る

page top