6次産業・地産地消品のビジネスマッチングフェア開催、愛知県 画像 6次産業・地産地消品のビジネスマッチングフェア開催、愛知県

インバウンド・地域活性

 愛知県は2016年2月2日に開催される「6次産業化・地産地消ビジネスフェア」について、来場事業者の募集を開始した。会場はアイリス愛知(名古屋市中区)の「コスモス」及び「サフラン」。

 第六次産業とは農業や水産業の事業者が生産だけではなく、食品加工、流通、販売までを多角化に手掛けることを指す。農業や水産業が第一次産業、商品加工が第二次産業、流通や販売が第三次産業にあたることから、これらの数字を足して第六次産業と呼ばれるようになった。

 同フェアは第六次産業品や地産地消品を提供する事業者と、これらに関心を持つ流通業者や飲食関連業者などのマッチングを目的としたもの。県内事業者の新商品の開発を促進するとともに、販路拡大を目指す。

 今回募集するのは、県内の第六次産業品や地産地消品に関心を持つ事業者。出展者は65事業者・団体。12時から16時にかけて、米、野菜、畜産物、水産物など県産の農林水産物をはじめ、漬物、調味料、菓子、惣菜、飲料といった加工品を展示。12時40分からはプレゼンテーションが行われる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  8. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れている!?――ケンズカフェ東京「特撰ガトーショコラ」のブランディング手法

アクセスランキングをもっと見る

page top