【まちてん】Googleで町おこし…長野県小布施町

インバウンド・地域活性

慶應SDM・小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員の大宮透氏
  • 慶應SDM・小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員の大宮透氏
  • ストリートビューの撮影機材「トレッカー」
  • 「まちてん」は28日・29日に開催
  • 初日午前のトークセッション
  • 陣内裕樹氏
  • 長野県小布施町の紹介
  • 小布施の町の方々がストリートビューに公開するための画像を記録していった
  • グーグルと観光庁の取り組み
 まちてん実行委員会が主催する地方創生まちづくりをテーマにしたイベント「まちてん」が28日、東京・渋谷のヒカリエホールで開催された。

 28日と29日の2日間にわたって行われる同イベント。初日の28日に実施されたトークセッションでは、Googleマップを町おこしのツールに活用した長野県小布施町の取り組みが紹介された。慶應SDM・小布施町ソーシャルデザインセンター主任研究員の大宮透氏、Googleの観光立国推進部長である陣内裕樹氏が登壇。司会はまちてん実行委員長の谷中修吾氏が務めた。

 長野県小布施町の人口は約11,500人。面積は19平方キロメートルで直径5km程度と、サイズは小さいが人口密度は高いという県内でも最小面積の地域になる。現在、町の中心部に観光の目玉になるような美しい景観を整える活動も進めているが、中心部から自転車で5分も移動すれば、のどかな農村風景が広がる。かつて葛飾北斎が滞在した際に残した肉筆の天井画など貴重な文化資産もあれば、一方では「オープンガーデン」と称して、町民が町おこしのために一肌脱いで自宅の日本庭園を一般公開している事例もある。

 大宮氏は今年の夏から秋にかけてGoogleの「ストリートビュー」を活用しながら、Googleマップで自分が住む町の魅力を「見える化」するプロジェクトを実施した際の取り組みについて詳しい内容を語った。

 通常、Googleがクロールしたストリートビューだけでは見落とされがちな、町中の小さな路地空間や私有地を、小布施町から集まった有志の町民が撮影。農村風景や店舗・公共施設を含む約50施設を屋内のストリートビューも併用しながら記録していった。コンセプトは「私(小布施町民)が見てほしい、小布施の風景」だという。

 秋の観光シーズンに、Googleからストリートビューの撮影機材「トレッカー」をレンタル。重さ18kgの専用カメラをバックパックのように背負いながら、5日間にわたって町の人々がおすすめの場所を撮影していった。プロジェクトの本公開は来年3月の予定。大宮氏は、撮影風景を記録したプロモーション動画も活用しながら、ウェブ媒体とも連動して企画をアピールしていきたいとし、今後についても意気込みを語った。

「小さな町なので町の観光アピールのために役場が潤沢に資金を出せるわけではないが、町の人々が集まって知恵を出し合い、町の魅力をアピールする情熱を活かせる方法を探して、今回のプロジェクトを立ち上げた。このようにGoogleとコラボレーションができた事例を足がかりに、小布施町の観光的な見どころとなるお店や施設とつながって、コミュニケーションのインフラも築くことができた。今後これをさらに活かせる手段に発展させていきたい」(大宮氏)

 Googleの陣内氏は「町の皆様が主体となって、愛する小布施町をリレー形式で撮影しながら発信するという素晴らしい活動をサポートできたことをとても光栄に思う。この町が好きだという情熱が伝わってきた」とした。陣内氏はまた、小布施町以外にもストリートビューを活用した町おこしや地方の観光アピールの実施事例についても壇上で紹介した。

 「Googleマップは世界中で約10億人が活用するツール。いろいろな企画が立ち上がって、便利に役立てているという声をいただいている。例えば旅行者にとっては訪問場所を事前に確認できたり、段差やスロープなど、訪問先のバリアフリー対応についてもチェックできるツールとして好評を博している。スマホと一緒に使えば、現地でのルートナビとしても役に立つ」(陣内氏)

 最近では長崎県の軍艦島の立ち入り禁止エリアを、特別な許可を得て撮影してストリートビューで公開したバーチャルツアーの試みや、レストランや旅館の室内をストリートビューで見られるサービスも人気が高いという。ユニークな事例としては、徳島の阿波踊りなど祭りの風景を撮影したイメージも多くのアクセスを得ているそうだ。陣内氏は「Googleマップ、ストリートビューのプラットフォームは、店内撮影は選任のクルーが入るので製作費が必要になるが、これを除けば基本的に無料でお使いいただける。サイトに公開されているストリートビューはページに張り付けて無料で活用してもらえる」とメリットを説明した。

 今回、小布施町のプロジェクトに採用されたGoogleの「トレッカーパートナープログラム」は、2013年7月からGoogleがサイト上で募集を始めたもので、自治体や観光協会、NGO・NPOなどの団体に撮影機材トレッカーを無償で貸し出すというサービス。陣内氏は「おかげさまで世界中で多くの方々にご応募いただいているので、現在お貸し出しの順番をお待ちいただく状況だが、申し込みフォームから、どんな用途に使いたいのかなど詳細を書いてご応募いただければ、当社のチームがご連絡を差し上げる。コンテンツとしての魅力や独自性などを判断したうえで、優先順位をつけさせてもらう形にはなるが、できる限り多くのご希望に応えたい」とした。

 トークセッションの壇上には360度カメラを搭載したストリートビューの撮影機材「トレッカー」の実物も登場。内蔵バッテリーによる連続駆動時間は6~8時間。トレッカーを担ぎながら屋外の風景などが撮影できる。

 陣内氏が所属するGoogleの観光立国推進部では、ほかにも「イノベーション東北」として、東北の地域復興を支援するためのクラウドマッチングも展開している。陣内氏は「これまでにおよそ1,400名の個人サポーター、350以上のNPO事業者に参加いただいて、約1,200のマッチングプロジェクトが成就した」とアピールする。陣内氏は「今後も全国でインターネットを介して地域のために貢献できることを広げていきたい。今回の小布施町で実現できた事例が、今後“小布施モデル”としてほかの地域にも広がっていくのではないだろうか。日本津々浦々、地域の皆様が世界に誇れる自分の町の魅力を発信していく活動にグーグルとしてお手伝していきたい」と陣内氏はエールを贈った。

【まちてん】長野県小布施町、Googleから機材を借りて町おこし!

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その1

  9. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top