ふるさとに帰っておいで…出世魚にちなんだ「ぶり奨学ローン」創設 画像 ふるさとに帰っておいで…出世魚にちなんだ「ぶり奨学ローン」創設

制度・ビジネスチャンス

 鹿児島相互信用金庫は、鹿児島県長島町が取り組む地方創生事業「ぶり奨学金制度」を支援するため、「ぶり奨学ローン」を創設した。ぶり奨学ローンを借りて卒業後、長島町に生徒が戻ってきた場合に、返済した元金相当額を町が創設する基金からローン借入者に直接補填する。

 出世魚「鰤(ぶり)」ゆかりの地である鹿児島県長島町では、町内に高校がなく、高校から町外に転出するため、多くの高校生が卒業後、町外に就職し、若者の人口流出が続いているという。回遊魚で出世魚である鰤のように、地域で育った人材が、世界各地で活躍することや、ふるさとに戻ってさらに活躍することを支援するため、過疎化の進展や人口減少を克服するための地方創生事業を「ぶり奨学金制度」と名付けた。

 鹿児島相互信用金庫が創設した「ぶり奨学ローン」は、「ぶり奨学金制度」の中心となり、子弟が学校などに就学中または就学予定である人を対象に、50万円以上500万円以内を貸し付ける。子弟が学生の間は当座貸越形式、卒業後は証書貸付方式に切り替わり、子弟が在学中の間は、元金据え置きとなり、利息のみの返済となる。

 「ぶり奨学ローン」を借りて卒業した後、子弟が長島町に戻ってきた場合、鹿児島相互信用金庫に返済した元金相当額は長島町が創設する「ぶり奨学基金」からローン借入者へ直接補填される。利息相当分は、長島町に戻ってくるか否かにかかわらず、「ぶり奨学基金」より全額借入者へ補填される。「ぶり奨学ローン」は2016年3月頃から取扱開始となる予定。

 11月27日に東京で、「ぶり奨学金制度に関する連携協定書の締結式」を開催。鹿児島相互信用金庫では、「ぶり奨学金制度」の円滑な運営について全面協力をするとともに、定期的な意見交換などを行い、今後も長島町との連携を強化していくという。

◆ぶり奨学ローン
対象者:子弟が学校などに就学中または就学予定である者
貸付形式:子弟が学生の間は当座貸越形式、卒業後は証書貸付方式に切り替わる。子弟が在学中の間は、元金据え置きとなり、利息のみの返済
貸付金額:50万円以上500万円以内
金利:1.50%(変動金利)
特徴:申込人の当座貸越口座より、子弟の口座に対し奨学金として定額自動送金方式にて出金
取扱開始日:2016年3月頃(予定)
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

    羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  2. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

    【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 【2016を読む】半導体「レガシー技術」に脚光

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  9. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  10. 利用意思のない遊休農地、17年度から増税へ

アクセスランキングをもっと見る

page top