【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

インバウンド・地域活性

ちいさいロケットから実験を重ねた
  • ちいさいロケットから実験を重ねた
  • 同社の主力製品であるバッテリー式マグネット。バッテリー式なので機動性が高い
  • 植松電機製作のカムイロケット
  • NASAやJAXAからも問い合わせがある微小重力実験棟
  • 発射台にロケットをセット
  • 子どもたちのために
  • 植松電機
  • 株式会社植松電機 専務取締役 植松努氏
 「宇宙開発は“どうせ無理“をなくすための手段なんです」と語る今回のキーパーソン。人口約11000人、北海道赤平(あかびら)市を拠点とする、株式会社植松電機 専務取締役 植松努氏だ。

 YouTubeで公開された植松氏の講演動画が大きな反響を呼んだ。再生回数は170万回を突破。11月26日現在も週に3万回以上再生数が伸び続けている。同社の主力事業はリサイクル用バッテリー式マグネット。社員はわずか18名。会社をけん引しながら、講演活動で全国を駆け回る。一人でも多くの人と交流し、直接伝えたくて続けているという。いったい、どんなきっかけから航空宇宙開発に踏み切ったのか。バッテリー式マグネットとはどのような関係があるのだろう。時代が激しく変容する中で、中小企業が存続、発展していくために必要な要素をどう捉えているのか。

■好きでたまらず夢だったロケット
 植松氏がロケットや飛行機に興味をもったのは幼少期のこと。アポロ月面着陸のニュースを受け、「宇宙に行ける時代がくるぞ!」と喜ぶ祖父の笑顔が忘れられなかった。いつかロケットを作ろう。自分がすぐできることをやってみようと紙飛行機をつくった。自動車電装修理業を営んでいた父親には「どうせやるなら紙でなく金属で作れ」とアドバイスを受け、火傷しながらも夢中に飛行機を作った。

 周りの大人たちは賛否両論だった。「ロケット作りなんて東大に行かないと叶わない、この町に生まれた時点で無理だ」と先生に揶揄された。そのたびに勇気付けられていたのが「伝記」だった。「伝記には困難を切り抜けた人の成功ストーリーが載っている。だから面白いんです。今も時間を取っては本を読みます」と、記者にもおすすめの本を教えてくれた。

■念願の航空宇宙業界へ就職、そこで突きつけられた現実とは
 大学では流体力学を専攻。卒業後は名古屋の菱友計算株式会社航空宇宙統括部に入社した。念願の航空宇宙関連事業に関わったものの、失望感を味わった。というのも、公共事業の一種と化していた宇宙開発事業では古い技術を長年使い続け、新しい技術がなかなか取り入れられない。開発にかかる費用は数十億とあまりに膨大だった。かつて憧れた零戦設計者 堀越二郎のいたような、飛行機、ロケットにのめりこむエネルギーに溢れる時代ではもうないのだと悟った。1994年退職後、帰郷。植松電機へ入社した。
《樋口亜沙美》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業

    ■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業

  2. 飯田橋駅を改良工事、ホームの隙間など安全対策

    飯田橋駅を改良工事、ホームの隙間など安全対策

  3. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  4. ■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

  5. ■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ!

  6. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  7. 東池袋のシネコン開発、計画を見直しより魅力的な商業ビルへ!

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  10. 東芝が大阪工場跡地で、スマートコミュニティ構想を推進

アクセスランキングをもっと見る

page top