阪堺線浜寺駅前~船尾間の築堤・橋梁区間地上化を検討 画像 阪堺線浜寺駅前~船尾間の築堤・橋梁区間地上化を検討

インバウンド・地域活性

 堺市は、阪堺電気軌道の阪堺線・浜寺駅前停留場~船尾停留場間で南海電気鉄道南海本線を越えるための築堤・橋梁区間を地上化する計画を検討している。南海本線の堺市から大阪府高石市までを高架化する計画に伴う事業で、築堤などの区間を残したままだと阪堺線は、高架化後の南海本線との交差部に十分な走行空間を確保できないため、築堤を撤去し地上化することになった。地上化計画も南海本線連続立体交差事業の計画に位置付けており、早ければ16年度に概略設計に着手する見通し。
 現在、南海本線を越えるための築堤・橋梁区間は、浜寺駅前停留場から北へ都市計画道路・常磐浜寺線との交差部までの間にあり、延長は約300メートル。南海本線をまたぐ部分には橋梁を設けている。
 現在、同市では概略設計の着手に向けて阪堺電気軌道と協議を進めている。地上化工事期間中は、浜寺駅前停留場~船尾停留場間を運休する方向で検討している。設計や着工時期などのスケジュールは決まっていない。
 南海本線の堺市から大阪府高石市までの約2・7キロ区間を高架化する「南海本線連続立体交差事業」は、堺市域の延長約2・3キロと高石市域の延長約0・4キロを高架化して7カ所の踏切を取り除き、交通渋滞や事故を解消する。06年度に事業着手した。阪堺線の地上化工事も含め27年度の完成を目指す。

堺市/阪堺電軌浜寺駅前~船尾間の築堤・橋梁区間地上化/16年度にも概略設計着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  7. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  8. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

アクセスランキングをもっと見る

page top