スター・ウォーズ最新作の技術開発企業をアップルが買収、なぜ? 画像 スター・ウォーズ最新作の技術開発企業をアップルが買収、なぜ?

マネジメント

 しゃべっている人間の顔の表情をそのままアニメーションのキャラクターに取り込める「リアルタイムモーションキャプチャー」の技術を持つスタートアップが、米アップルに買収されていたことがわかった。テクノロジーニュースサイトのテッククランチが報道した。買収されたのはスイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究室からスピンオフし、チューリヒに本社を置フェイスシフト(Faceshift)で、12月18日公開の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」にも同社の技術が使われている。

 リアルタイムモーションキャプチャーでは、センサーを顔に貼り付けたりせずに、奥行きや深さを測れる3Dカメラで顔の立体的な変化を連続的に撮影。そのデータを3DのCGI(コンピューター生成画像)キャラクターの表情に反映させ、口の開き具合やまばたき、顔の方向など、人がしゃべっている姿そのままにキャラクターにしゃべらせることができる。

 アップルの買収目的は不明だが、フェイスシフトの技術を、アップルTV向けのジェスチャー操作はじめ、アバター(ユーザーの分身キャラクター)を使ったゲーム、FaceTimeでのアバターによるテレビ電話、アニメーション映画の製作、顔認識によるパソコンやスマートフォンのロック解除などに展開するのでは、との観測も出ている。

 アップルはこれまでにも、マイクロソフト「キネクト」のジェスチャー入力技術を開発したプライムセンス(PrimeSense、イスラエル)や、顔認識技術のポーラーローズ(Polar Rose、スウェーデン)、拡張現実(AR)のメタイオ(Metaio、ドイツ)といった企業を相次ぎ買収し、CG/AR分野を強化している。

 インテルの「リアルセンス3D」カメラを使ったフェイスシフトのデモ映像

人の表情そのままCGキャラに反映。スタートアップをアップルが買収

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

    官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

  2. JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

    JFEエンジニアリング、再生可能エネルギー発電の拡大めざす

  3. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

    サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  5. 養殖用飼料や建材の高騰など、7月の円安関連倒産は6件――東京商工リサーチ

  6. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  7. 本日の新聞から:師走に吹き荒れるリストラの嵐…東芝、ケーヒン

アクセスランキングをもっと見る

page top