スター・ウォーズ最新作の技術開発企業をアップルが買収、なぜ? 画像 スター・ウォーズ最新作の技術開発企業をアップルが買収、なぜ?

マネジメント

 しゃべっている人間の顔の表情をそのままアニメーションのキャラクターに取り込める「リアルタイムモーションキャプチャー」の技術を持つスタートアップが、米アップルに買収されていたことがわかった。テクノロジーニュースサイトのテッククランチが報道した。買収されたのはスイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究室からスピンオフし、チューリヒに本社を置フェイスシフト(Faceshift)で、12月18日公開の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」にも同社の技術が使われている。

 リアルタイムモーションキャプチャーでは、センサーを顔に貼り付けたりせずに、奥行きや深さを測れる3Dカメラで顔の立体的な変化を連続的に撮影。そのデータを3DのCGI(コンピューター生成画像)キャラクターの表情に反映させ、口の開き具合やまばたき、顔の方向など、人がしゃべっている姿そのままにキャラクターにしゃべらせることができる。

 アップルの買収目的は不明だが、フェイスシフトの技術を、アップルTV向けのジェスチャー操作はじめ、アバター(ユーザーの分身キャラクター)を使ったゲーム、FaceTimeでのアバターによるテレビ電話、アニメーション映画の製作、顔認識によるパソコンやスマートフォンのロック解除などに展開するのでは、との観測も出ている。

 アップルはこれまでにも、マイクロソフト「キネクト」のジェスチャー入力技術を開発したプライムセンス(PrimeSense、イスラエル)や、顔認識技術のポーラーローズ(Polar Rose、スウェーデン)、拡張現実(AR)のメタイオ(Metaio、ドイツ)といった企業を相次ぎ買収し、CG/AR分野を強化している。

 インテルの「リアルセンス3D」カメラを使ったフェイスシフトのデモ映像

人の表情そのままCGキャラに反映。スタートアップをアップルが買収

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 神奈川県平塚市、ツインシティ大神地区土地区画整理組合の設立認可

    神奈川県平塚市、ツインシティ大神地区土地区画整理組合の設立認可

  2. 中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

    中小の製造業・サービス業へのロボット導入補助、1次公募の採択決定!2次公募も開始

  3. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

    週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  4. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  5. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

アクセスランキングをもっと見る

page top