国交省、ドローンによる測量マニュアル作成へ 画像 国交省、ドローンによる測量マニュアル作成へ

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、公共事業の測量などで小型無人機(ドローン)を活用するため、標準的な測量手法を示したマニュアルの検討に着手した。ドローンによる地形の写真撮影を行う際の航路設定や機器、作業工程、精度管理手法などを規定する見通し。学識経験者や関連業界団体などの意見を聞きながら本年度末までに策定する。
 同省は公共事業の測量・設計から施工・検査、維持管理まですべてのプロセスで3次元データを全面的に活用するため、ドローンや自動制御建設機械といったICT(情報通信技術)を活用する「i-Construction」を推進する方針を24日打ち出した。
 特にドローンによる3次元測量は、一連の取り組みの端緒となる重要な部分。ドローンを使えば、短期間に密度の高い3次元測量が可能になる。測量データは、その後の設計・施工計画で、設計図面と重ね合わせ実際の施工量を自動算出するなど後工程を左右する。
 ただ、公共事業の測量でドローンを活用した事例はわずかにあるだけで、円滑な導入にはマニュアルの整備が必要と判断。国土地理院で検討を始めた。
 検討しているマニュアルは「(仮称)UAVによる測量マニュアル(案)」。国や地方自治体、独立行政法人などの公共団体が行う測量全般を対象とし、公共工事だけではなく都市計画図作成の測量などにも対応した内容になる。マニュアルの順守は義務ではなく、ドローン測量運用の選択肢と位置付けている。通常の航空機と比べ、ドローンは飛行時の安全確保も焦点となっている。同省はマニュアルの整備と併せ、安全確保策も検討するとしている。

国交省/ドローン3次元測量の手引作成へ/公共事業ICT化に対応

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

    ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  2. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

    造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  3. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

アクセスランキングをもっと見る

page top