地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」 画像 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

インバウンド・地域活性

 大成建設は、円筒形状の大断面外殻覆工体を効率よく構築できる「リボルバー工法」を開発した。小断面の円形シールドを数珠状に重ね合わせて大断面の外殻覆工体を構築した後、内部の土砂を掘削して大空間を構築する。地表面から掘削せず、大規模な地下空間を安全で合理的に施工できる。これまで実績のある既存技術を組み合わせ、国土技術研究センターから建設技術審査証明書を取得した。今後、東京外かく環状道路都内区間の地下分岐・合流部など、大空間が必要な地下構造物の建設工事に積極的に提案していく。
 リボルバー工法で構築される外殻覆工体は、円筒形状に配置された小断面の外殻シールドトンネルを連結・一体化したコンクリート構造物。
 周辺地盤や地下水位などの現場条件に合わせて外殻シールドトンネルの構造(無筋コンクリート、鋼繊維補強RC)の最適化を図り、止水性を確保。外殻シールドトンネルを接続する際の切削幅を調整することで、分岐・合流部の拡幅断面積などに応じて外殻覆工体の断面を自由に変えられる。必要最小限の断面で掘削でき、経済性の向上が図れる。
 外殻覆工体の構築手順は、まず小断面の外殻シールドトンネルの先行部を掘進し、コンクリートセグメント内に中詰めコンクリートを打設。続いて隣接する外殻シールドトンネル(後行部、鋼製セグメント)を、先行部の一部を切削しながら掘進。鋼製セグメント背面に直打ち覆工コンクリート(ECLコンクリート)を充てんすることで、隣接する先行部と接合する。接合後に後行部の外殻シールドトンネル内に中詰めコンクリートを充てんし、外殻覆工体を構築。覆工体の内部を重機などで掘削し、大規模な地下空間を切り開く。
 大成建設の開発担当者は「土質条件が悪くても安全、確実に施工できる。外環道都内区間で今後発注される分岐・合流部への適用を目指し、さらに技術のブラッシュアップを図る」と話している。

大成建設/地上掘削なく地下に大空間構築/小断面トンネルで数珠状の外殻覆工体形成

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  7. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  8. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

アクセスランキングをもっと見る

page top