地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」 画像 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

インバウンド・地域活性

 大成建設は、円筒形状の大断面外殻覆工体を効率よく構築できる「リボルバー工法」を開発した。小断面の円形シールドを数珠状に重ね合わせて大断面の外殻覆工体を構築した後、内部の土砂を掘削して大空間を構築する。地表面から掘削せず、大規模な地下空間を安全で合理的に施工できる。これまで実績のある既存技術を組み合わせ、国土技術研究センターから建設技術審査証明書を取得した。今後、東京外かく環状道路都内区間の地下分岐・合流部など、大空間が必要な地下構造物の建設工事に積極的に提案していく。
 リボルバー工法で構築される外殻覆工体は、円筒形状に配置された小断面の外殻シールドトンネルを連結・一体化したコンクリート構造物。
 周辺地盤や地下水位などの現場条件に合わせて外殻シールドトンネルの構造(無筋コンクリート、鋼繊維補強RC)の最適化を図り、止水性を確保。外殻シールドトンネルを接続する際の切削幅を調整することで、分岐・合流部の拡幅断面積などに応じて外殻覆工体の断面を自由に変えられる。必要最小限の断面で掘削でき、経済性の向上が図れる。
 外殻覆工体の構築手順は、まず小断面の外殻シールドトンネルの先行部を掘進し、コンクリートセグメント内に中詰めコンクリートを打設。続いて隣接する外殻シールドトンネル(後行部、鋼製セグメント)を、先行部の一部を切削しながら掘進。鋼製セグメント背面に直打ち覆工コンクリート(ECLコンクリート)を充てんすることで、隣接する先行部と接合する。接合後に後行部の外殻シールドトンネル内に中詰めコンクリートを充てんし、外殻覆工体を構築。覆工体の内部を重機などで掘削し、大規模な地下空間を切り開く。
 大成建設の開発担当者は「土質条件が悪くても安全、確実に施工できる。外環道都内区間で今後発注される分岐・合流部への適用を目指し、さらに技術のブラッシュアップを図る」と話している。

大成建設/地上掘削なく地下に大空間構築/小断面トンネルで数珠状の外殻覆工体形成

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

    ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  2. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top