遊休農地への課税強化、対象はごく一部に限定

インバウンド・地域活性

 2016年度税制改正の焦点となっている遊休農地への固定資産税の課税強化をめぐり、農業委員会が所有者に対して農地中間管理機構(農地集積バンク)との協議を勧告した農地だけを対象とする方向で政府が検討していることが25日、分かった。対象となる遊休農地は、ごく一部に限定されるとみられる。
 農地法では、農業委員会が毎年1回、農地の利用状況を調査し、遊休農地や遊休化の可能性がある農地の所有者には、自分で耕作するか、農地集積バンクや他の農家らに貸し付けるかなどの意向調査を行うよう規定。意向表明通りに農地の利用権を設定・移転しない場合、農委は農地集積バンクと利用権の移転について協議するよう勧告している。政府は、この勧告を受けた遊休農地を課税強化の対象とする方向で検討している。

 農地には、固定資産税を徴収する際に、土地評価額を売買価格の55%として見積もり、税を軽減する特例措置がある。政府は対象の遊休農地について、この特例の対象外とすることで、固定資産税を約1.8倍にする方向で検討。一方で、農地集積バンクに貸し出せば、固定資産税を軽減する措置も検討している。

対象を限定 遊休農地への課税強化で政府

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top