CIM導入指針、橋梁・トンネルの素案は今年度内にも作成 画像 CIM導入指針、橋梁・トンネルの素案は今年度内にも作成

インバウンド・地域活性

 国土交通省が16年度策定を目指す「CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)導入ガイドライン」の骨格が見えてきた。河川、ダム、橋梁、トンネルの4分野を対象に、測量、地質・土質、設計業務、施工、維持管理ごとにモデルの仕様やCIMの活用方法を明記する。段階ごとに3次元モデルの詳細度(LOD)も示す。4分野のうち、橋梁とトンネルはガイドライン骨子が近くまとまり、素案を本年度末か来年度当初に作成する。
 ガイドラインなどの検討状況は、同省と有識者、業界団体で組織し、24日に開いた「CIM制度検討会」で示した。CIMの先導的な導入に向けた重点検討項目として▽CIMの円滑な導入を図るガイドライン策定▽数量算出や施工管理、監督検査、納品の要領・基準の整理・改定▽効果的な発注方式▽工事契約図書での対応(電子データによる契約検討)-を挙げた。このうち、ガイドラインは全体の構成案を提示。共通項目と分野ごとの項目に分け、モデルの作成方法やLOD、納品方法などを記載するとした。
 ガイドラインの策定に成果を反映する国交省直轄事業での試行は、15年度で業務20件、工事37件に達する見通し。累計件数は業務で60件、工事では86件まで増えた。
 検討会で国交省は、発注者による監督検査でのCIM活用を、試行工事で検討していると報告。15年度末からはトンネル工事の出来形管理に3次元スキャナーを活用する検討も始める。一定間隔で行っている現行の測定に対し、トンネル全面の出来形が把握できるようになるほか、検査作業も効率化が可能と国交省は見込んでいる。
 工事契約図書に3次元モデルを加える検討も進める。現在、契約図書は書面だが、PDF形式による3次元モデルの提供を試行事業で行い、効果や課題を検証する。効率的な発注方式については米国や欧州の先行事例が報告された。

国交省/CIM導入指針、15年度内にも橋梁・トンネルの素案作成

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top