【回転窓】災害伝承の知恵 画像 【回転窓】災害伝承の知恵

インバウンド・地域活性

 二又さんという方から興味深い話を聞いた。「二又」とは本名ではなく屋号。その由来は津波にあるそうだ▼かつての大地震で、その家の場所で大きな波が二つに分かれたことなどが伝承されており、その教訓を忘れぬように屋号が定められた。二又さんは祖母から地震が起きたら逃げるよう教えられて育ち、母になった自分も子どもに何度も教え込んだ▼東日本大震災の日、自宅に一人でいた息子は急いで身の回りの大事な物を集め、自転車で避難して無事だった。共に一命を取り留めた愛犬と集団移転先で暮らしている。屋号に込められた思いが、本当に子孫の命を救った。天から見守る先祖が何より喜んだのではないだろうか▼日本政府の呼び掛けによって、11月5日を「世界津波の日」にしようと国連で議論が進んでいる。1854年のこの日に、安政南海地震が起きた。近畿地方などに大津波が襲来。地域の庄屋であった濱口梧陵が稲わらに火を放ち、避難を誘導した逸話が「稲村の火」として伝わっている▼日本が発信した戒めで命が救われた-。そんなうれしい知らせが世界を席巻するよう期待したい。

回転窓/災害伝承の知恵

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top