就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート 画像 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

マネジメント

 ネオキャリアが運営する新卒採用担当者向けサイト「新卒WATCH」で、2017年度の新卒採用スケジュールについてのアンケートが実施された。採用担当者179名の回答をまとめている。

 2017年度の新卒採用に関しては、今月経団連が採用面接の解禁を6月1日とする方針を発表した。前年度は8月解禁としたことで就職活動の実質的長期化の原因となったことなどを踏まえ、2か月前倒しする形となる。

 だが、「新卒WATCH」で行われたアンケートでは、「選考解禁が6月になった場合、経団連の方針を遵守しますか?」という問いに対して、73%が「しない」と回答。多くの企業が5月より前に選考を行う見通しを明らかにしている。

 具体的な選考開始時期については、3月が32%で最多、次いで4月が30%と僅差で迫っている。6月以降と回答したのは19%で、「6月解禁を遵守する」と答えた27%よりもさらに少ない。方針を遵守する場合でも、5月以前から何らかの採用活動を行うという企業方針が浮き彫りになった。広報活動については、就職サイトがオープンする3月1日以前からスタートする企業が63%と大半だ。

 では、ベストだと思う選考解禁時期はというと、ほぼ半数の47%が「4月」と回答。2015年度以前の選考スケジュールが妥当と考える企業が多いようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省・池田技術審議官「生産性向上」「情報化施工を一般化」

    国交省・池田技術審議官「生産性向上」「情報化施工を一般化」

  2. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

    公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  3. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

    事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  4. 特殊法人や自治体を対象とした「ダンピング対策」実施状況の調査結果を発表

  5. 少額投資で実施可能!中小企業向け「人材育成クラウドサービス」

  6. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  7. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  8. 国が認める中小企業経営の相談相手が増えています!

  9. 重層下請構造、工事単位で国交省が実態把握へ……行き過ぎ是正へ対策検討

  10. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top