就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート 画像 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

マネジメント

 ネオキャリアが運営する新卒採用担当者向けサイト「新卒WATCH」で、2017年度の新卒採用スケジュールについてのアンケートが実施された。採用担当者179名の回答をまとめている。

 2017年度の新卒採用に関しては、今月経団連が採用面接の解禁を6月1日とする方針を発表した。前年度は8月解禁としたことで就職活動の実質的長期化の原因となったことなどを踏まえ、2か月前倒しする形となる。

 だが、「新卒WATCH」で行われたアンケートでは、「選考解禁が6月になった場合、経団連の方針を遵守しますか?」という問いに対して、73%が「しない」と回答。多くの企業が5月より前に選考を行う見通しを明らかにしている。

 具体的な選考開始時期については、3月が32%で最多、次いで4月が30%と僅差で迫っている。6月以降と回答したのは19%で、「6月解禁を遵守する」と答えた27%よりもさらに少ない。方針を遵守する場合でも、5月以前から何らかの採用活動を行うという企業方針が浮き彫りになった。広報活動については、就職サイトがオープンする3月1日以前からスタートする企業が63%と大半だ。

 では、ベストだと思う選考解禁時期はというと、ほぼ半数の47%が「4月」と回答。2015年度以前の選考スケジュールが妥当と考える企業が多いようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

    訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

  2. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  3. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  5. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  6. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  7. 【震災5年-これまでとこれから】港湾空港技術研究所理事長・高橋重雄氏

  8. 大手初、JFEエンジがミャンマーから技能者受け入れ

  9. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  10. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

アクセスランキングをもっと見る

page top