【産業交流展15】LEDライト付手袋……蘭華 画像 【産業交流展15】LEDライト付手袋……蘭華

IT業務効率

夜間作業する時、どうしても必要なのが懐中電灯だ。しかし、それを持ちながら作業するのはなかなかしづらく、面倒である。そんな問題を解消するのが蘭華(本社・東京都台東区)のLEDライト付手袋だ。

その手袋は手の甲側の親指の付け根にLEDライトがついており、手元を明るく照らすことができる。しかも、そのLEDライトは取り外しできるので、洗濯も可能。そのうえ、手のひらの部分は天然皮革よりも丈夫な人工皮革を使用し、滑り止めもついている。

「当社は20年以上にわたって作業用の手袋をつくっていますが、ある時、工務店の人から夜中作業するのに便利な手袋をつくってくれないかと頼まれ、それで1年ほど前にこの手袋をつくったんです」と同社関係者は説明する。

以来、さまざまな業界の人から興味を持たれたという。なかには警察関係の人もいて、黒い手袋をつくって納めたそうだ。「最近は電気工事関係の人からの引き合いが増えている」とのこと。

ただ、価格が4000円と、作業用の手袋としては高いため、二の足を踏む人も少なくないそうだ。そこで、さらにコストダウンを進め、「なんとか1500円辺りまで抑えたものも出していきたい」と同社関係者。この手袋は現在、特許申請中だ。

【産業交流展15】LEDライト付手袋、夜間の作業に最適…蘭華

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

    【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

  6. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  7. 移動しながら道路の3Dデータ自動生成に成功……首都高

  8. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  9. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  10. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

アクセスランキングをもっと見る

page top