神戸市、「中部処理場」の跡地を活用する事業者公募

インバウンド・地域活性

 神戸市建設局は、11年4月に停止した下水処理施設「中部処理場」(兵庫区、約2・2ヘクタール)の跡地を活用する事業者を公募する。民間のノウハウを活用し、地域の活性化を図るのが目的。敷地を北側と南側に分け、それぞれ「人が集う空間」と「緑の空間・多目的空間」を基本コンセプトに施設整備を進める。27日~12月4日に応募登録申込書、16年1月27~29日に提案書を受け付け、同3月下旬に契約候補者を決める。20年間の定期借地契約を締結する。
 同処理場(日量7万7900立方メートル)は、1958年に供用を始め、中央区と兵庫区の一部から排出される汚水を処理してきたが、阪神・淡路大震災後に整備した「下水処理場ネットワーク」が完成したのに伴い処理機能を停止。上屋を含めた地上構造物は撤去し、エアレーションタンクを利用して雨水貯留施設を整備した。最終沈砂池などの地下構造物は残っている。
 貸付面積は北側が1万0421平方メートル、南側が1万1331平方メートル。準工業地域で建ぺい率が60%、容積率200%。両側または北側、南側それぞれの土地を自らで事業を企画し、責任をもって建設・管理運営する事業者を募る。
 事業名は「中部処理場跡地利用提案競技」。参加条件は、集客施設などを企画し、建設・管理・運営を行う十分な資力・経験・技術力を有する単体企業またはグループ。土地は20年間貸し付け、保証金は賃料の12カ月分。16年8月に土地を引き渡す。
 北側用地はにぎわいづくりと集客につながる施設を整備し、近隣住民が利用できる集会スペースも設ける。南側用地は子どもから高齢者まで地域の幅広い世代の人がスポーツやレクリエーションを楽しめ、地域の防災拠点に活用できる施設を整備する。防災拠点については、芝生やフェンス、雨水排水施設などの整備に補助が受けられる。上限は1億3250万円。両用地とも緩衝緑地を設置する。
 審査会で提案内容と提案賃借料を審査し、各用地の優先交渉権者を決める。各用地は別々の項目で評価する。12月2日に同跡地で説明会を開く。

神戸市/中部処理場跡地活用(兵庫区)/事業者公募、11月27日から登録受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. "ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 世界経済フォーラムが旅行・観光競争力指数を発表――日本は過去最高9位

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top