パウダー噴射と溶接を同時に…10倍速い金属3Dプリンター 画像 パウダー噴射と溶接を同時に…10倍速い金属3Dプリンター

インバウンド・地域活性

 東芝と東芝機械は25日、新方式の「3D金属プリンター」試作機を共同開発したことを発表した。従来方式と比較し、約10倍以上の速度で、造形が可能だという。

 従来方式では、金属材料を敷き詰めたパウダーにレーザを照射し、任意の部分を溶融させ積層させる「パウダー・ベッド・フュージョン方式」が主流だった。この方式では、パウダーを1層ごとに敷き詰める工程と、造形部分にレーザを照射する工程を、繰り返す必要があった。

 新方式では、レーザ照射と同時に金属粒子を噴射する「レーザメタルデポジション方式」を採用。あわせて、流体シミュレーション技術を活用し、噴射領域を集束させる造形ノズルを新開発した。これにより、1時間あたり110ccの造形速度を実現したという(レーザ出力800W)。新方式は、材料の必要な部分のみ造形できるため、従来方式より低コストで大型の造形も可能とのこと。

 材料は、ステンレス鋼、インコネル、鉄などに対応。部分的に素材を変えた部品の造形も可能となっている。今後は、2017年以降の実用化を目指す。東芝機械が、装置本体の製造を担当し、2017年以降に販売の予定。

東芝、従来より10倍以上高速な「金属3Dプリンター」を試作

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 農業ベンチャーによるオールLED野菜工場、「富士ファーム」が今夏からフル稼働

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 芝浦一丁目建替計画。235メートルの超高層ビル2棟、ホテルも入る複合施設

アクセスランキングをもっと見る

page top