パウダー噴射と溶接を同時に…10倍速い金属3Dプリンター 画像 パウダー噴射と溶接を同時に…10倍速い金属3Dプリンター

インバウンド・地域活性

 東芝と東芝機械は25日、新方式の「3D金属プリンター」試作機を共同開発したことを発表した。従来方式と比較し、約10倍以上の速度で、造形が可能だという。

 従来方式では、金属材料を敷き詰めたパウダーにレーザを照射し、任意の部分を溶融させ積層させる「パウダー・ベッド・フュージョン方式」が主流だった。この方式では、パウダーを1層ごとに敷き詰める工程と、造形部分にレーザを照射する工程を、繰り返す必要があった。

 新方式では、レーザ照射と同時に金属粒子を噴射する「レーザメタルデポジション方式」を採用。あわせて、流体シミュレーション技術を活用し、噴射領域を集束させる造形ノズルを新開発した。これにより、1時間あたり110ccの造形速度を実現したという(レーザ出力800W)。新方式は、材料の必要な部分のみ造形できるため、従来方式より低コストで大型の造形も可能とのこと。

 材料は、ステンレス鋼、インコネル、鉄などに対応。部分的に素材を変えた部品の造形も可能となっている。今後は、2017年以降の実用化を目指す。東芝機械が、装置本体の製造を担当し、2017年以降に販売の予定。

東芝、従来より10倍以上高速な「金属3Dプリンター」を試作

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  7. タイのアパレル繊維関連60社が出展、大阪で商談会

  8. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  9. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  10. 夏のスキー場活用!観光と連携し養蜂で稼ぐ  

アクセスランキングをもっと見る

page top