財政審建議、「公共事業費の一層の抑制」求める 画像 財政審建議、「公共事業費の一層の抑制」求める

制度・ビジネスチャンス

 財政制度等審議会(財政審、財務相の諮問機関)は24日、16年度予算編成に向けた建議をまとめた。社会資本整備については、今後の人口減少を踏まえ、集約的更新を行うことで「さらなる財政負担の抑制を追求すべき」と指摘。社会資本整備総合交付金や防災・安全交付金の見直しにも言及した。
 建議は公共事業関係費の方向性について、「一層の抑制を図りつつ、必要不可欠な社会資本を確保していくべき」とし、インフラの老朽化や防災・減災対策の必要性に理解を示しながら増額を求める声をけん制した。
 建設業の生産性向上や新規入職者の確保が進まなければ「公共投資の供給制約になりかねない」として、担い手不足を理由に大幅な公共事業関係費の増額は困難との見方もにじませた。
 全体のトーンとしては、公共事業関係費の横ばいを容認した昨年度の建議に近いが、地方自治体に配分する公共事業の交付金については厳しく言及。費用便益分析などの事業評価が行われていないことを問題視し、自治体で配分を受けながら繰り越しや不用となる割合が都道府県によって大きなばらつきがあると指摘した。
 ただ、建議の焦点はあくまで社会保障関係費と地方財政。従来はここに社会資本整備が加わり、財務省が予算の削減を迫る3大分野の一角を成していたが、今回は科学技術や農林水産などと同様の扱いとなった。

財政審建議/公共事業費の一層の抑制を/交付金見直し迫る

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  2. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

    東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  3. 羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

    羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

  4. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  5. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  6. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  7. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  8. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  9. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  10. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

アクセスランキングをもっと見る

page top