真空ポンプで日本酒の酸化を抑制する「SAKE SAVER」…デンソー 画像 真空ポンプで日本酒の酸化を抑制する「SAKE SAVER」…デンソー

インバウンド・地域活性

デンソーは、飲み切れなかった日本酒の瓶内の空気を電動で抜き、真空状態にして酸化を防ぐ「SAKE SAVER(酒セーバー)」を、12月1日より発売する。

デンソーは2014年にワインの酸化を防ぐワインセーバーを販売。今回、その技術を応用し、日本酒の四合瓶に対応した酒セーバーを開発した。日本酒はワインと同じ醸造酒で、一度開栓すると、酸化による味の変化が生じる。酒セーバーを使用することで酸化を抑制。開栓から約2週間、その日本酒が持つ新鮮な味わいを保つことができるという。

操作は簡単で、付属の高密度栓を酒瓶(四合瓶)に差し込み、本体を栓の上からかぶせるだけ。自動的に内蔵のポンプが作動し、真空化を開始。上ぶたのLEDライトの点滅の速さで真空化の進度を通知し、真空化が完了すると3秒点灯後に自動停止する。停止後は本体を外し、栓を付けたまま酒瓶を保存する。

酒セーバーは、小型・軽量・静音、手になじみやすくスマートなデザインで、自宅用のほか、贈答品としても最適。ボディカラーは2色で、手触りの良い陶器を連想させる黒陶器色と、ガラスのような艶と透明感のある磁器をイメージした青白磁色をラインアップする。価格はオープン。

デンソー、真空状態にして日本酒の酸化を抑制する「SAKE SAVER」発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 自民党幹事長・二階俊博氏に聞く。糸魚川大火の対応は迅速だったのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top