【産業交流展15】倒れると防犯ブザーが鳴る自転車…小林鋲螺 画像 【産業交流展15】倒れると防犯ブザーが鳴る自転車…小林鋲螺

インバウンド・地域活性

最近、夜間に自転車に乗っていて犯罪に巻き込まれるケースが増えている。そんな犯罪を防止するのに役立ちそうなのが「お知らせテントウくん」だ。これは、自動防犯ブザー付テールライトで、自転車が倒れると、大きな防犯ブザーが鳴る。

「犯罪抑止を狙って開発したもので、なかにはマイコンチップが内蔵されていて、自転車が倒れて数秒間横倒しになっていると、マイコンチップが異常と判断して自動でブザーを鳴らすようになっています。そして、自転車を立てると、音が鳴り止みます」と小林鋲螺の小林和好社長は話す。

同社は埼玉県草加市に本社を構える中小企業で、ネジなどを中心に自動車関連部品を製造している。小林社長によると、同社は「SEQUA(セキュア)」という異業種が集まったプロダクト組織に所属していて、この商品は4社が知恵を出し合って開発したものだという。

発売は来年3月を予定しており、現在、さまざまなテストを行っているそうだ。「この商品は第1弾と考えており、その後、GPSやスマートフォンと連動したもの、高齢者向けのものなどいろいろなものを出していこうと思っています」と小林社長はこの商品の広がりを期待する。すでに、子どもを持っている母親からほしいという声が多く出ているそうだ。

【産業交流展15】自転車が倒れると防犯ブザーが鳴るテールライト…小林鋲螺

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top