亀井組、インターンシップで女子高生受け入れ 画像 亀井組、インターンシップで女子高生受け入れ

人材

 建設企業で女子高生が働いている。といってもこれは亀井組(徳島県鳴門市)が県立高校が実施しているインターンシップで受け入れたもの。これまでも技術系の男子を受け入れたことはあるが、女子の事務職は初めてだという。
 同社で働くのは徳島県立徳島科学技術高校環境土木コース2年の中川華乃さん。土木の勉強をしているが就職は事務職を目指している。「母が建設業で事務をしているのでなんとなく」と志望の理由を語るが、父親や兄も建設業で働く建設一家だ。
 中川さんは建設業経理検定4級に合格しており、「卒業までには3級も取得する」と意欲的だ。ほかにも危険物取扱者やバックホウの免許も取得している頑張り屋。就職後の活躍が目に見えるようだ。
 建設業は、担い手確保が困難な状況にある。同社で新卒採用を担当する企画室の董文偉さんは「地方の企業は特に厳しい」と語る。そのため、地元だけでなく九州や中国地方、近畿の大学まで採用活動の範囲を広げている。会社の情報だけでなく、仕事の内容や社内の雰囲気を理解してもらうためにパンフレット類の充実も図っているという。

亀井組(徳島県鳴門市)/インターンシップで女子高生受け入れ/事務職での就職希望

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  2. HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

    HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

  3. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

    建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  4. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  5. 支援学校の教室不足、いまだに深刻

  6. あなたの会社のバイトが“ブラック”と言われない10のチェック!

  7. 竹中工務店なでしこ工事チーム、リーダー5人が宮下社長と座談会

  8. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  9. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

  10. ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

アクセスランキングをもっと見る

page top