新宿ミラノ座再開発、12月に東急建設が解体着手 画像 新宿ミラノ座再開発、12月に東急建設が解体着手

インバウンド・地域活性

 14年末に閉館した東京・歌舞伎町の映画館「新宿TOKYU MILANO」(新宿ミラノ座)の跡地活用に向けた再開発事業が動き出す。12月に東急建設の施工で既存施設の解体工事に着手することが分かった。所有者の東急レクリエーションは、事業化を推進することを目的に、13日付で親会社の東京急行電鉄に土地・建物の一部を譲渡した。現在、東急グループの共同事業として再開発計画の策定を進めているが、「詳細は未定」(東急レクリエーション経営企画室)としている。
 再開発の計画地は、西武新宿線新宿駅東側の新宿区歌舞伎町1の29の1、2(敷地面積3775平方メートル)。解体する建物は本館(SRC一部S造地下2階地上6階建て延べ1万3957平方メートル)と新館(RC一部SRC造地下2階地上5階塔屋3階建て延べ2949平方メートル)の2棟。解体工期は12月14日~16年12月30日。
 東急電鉄に土地・建物の一部を譲渡することで、東急グループ全体の資金やノウハウを活用し、再開発を推進する。譲渡したのは土地・建物の持ち分の45%。譲渡価額は約53億円。
 同じ街区内に立つビル「グリーンプラザ新宿」は再開発に参加しないため、新宿TOKYU MILANO本館・新館の単独再開発事業となる見通しだ。
 新宿ミラノ座は、1956年12月に映画館やスケートリンクが入る「新宿東急文化会館」として開館し、昨年12月までは四つの映画館(約2000席)やボウリング場、飲食店などが入居していた。07年以降に東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅付近で「新宿ピカデリー」「新宿バルト9」と大型の映画館が開館し、動員数が減少。建物の老朽化も含め、営業の継続が困難と判断して閉館した。

新宿ミラノ座再開発(東京都新宿区)/12月に東急建設で解体着手/東急電鉄グループ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  3. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  6. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top