社整審・交政審部会、ストック効果最大化に向け専門小委設置へ 画像 社整審・交政審部会、ストック効果最大化に向け専門小委設置へ

インバウンド・地域活性

 社会資本整備審議会(社整審、国土交通相の諮問機関)と交通政策審議会(交政審、同)合同の計画部会(金本良嗣部会長)は20日、社会資本のストック効果の最大化に向けた検討を行う専門小委員会の設置を決定した。第4次社会資本整備重点計画(15~20年度)のフォローアップの一環として、ストック効果の把握・評価手法を検討する。初会合を12月8日に開く。3カ月に1回程度会合を開き、議論を深める。
 同日の計画部会に国交省は、ストック効果の事業・施策をカテゴリー別に整理する案を提示。真に必要な事業に重点化を図る観点から「生産拡大」「生活の質の向上」「安心・安全」につながる事業を5項目に類型化するほか、集約・再編や賢く使うカテゴリーを加えた計7項目に整理することを提案した。
 生産拡大では、事業完了が目前で、あとわずかな投資で大きな経済効果が発揮される事業などを具体的な事例で紹介。来年3月26日に新青森~新函館北斗間が開業する北海道新幹線の駅周辺では既に旅館、ホテルなどの民間投資が活発化していることを説明した。
 専門小委は、こうしたカテゴリーを踏まえ、計画中・事業中を含めたプロジェクトのストック効果の客観的・定量的な把握・評価手法を幅広く検討し、国や地方自治体に基礎資料として提供する。

社整審・交政審部会/ストック効果最大化に向け専門小委設置へ/把握・評価手法を検討

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. リニア新幹線が南アルプストンネル長野工区で安全祈願・起工式開く

  7. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鎌倉生まれの和服の未来、作務衣ブランド「鎌倉三衣」の世界挑戦

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

アクセスランキングをもっと見る

page top