日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も 画像 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

マネジメント

 生花チェーン最大手の日比谷花壇は、花祭壇に関するコンサルタント事業に乗り出す。同社が展開する葬儀事業で培った祭壇制作の技術などを葬儀事業者に提案。花祭壇の裾野を広げ、花需要の掘り起こしを進める狙いだ。現在、数カ所のJA葬祭に打診をしており、来春にも事業を具体化させる。将来的には、地元で栽培される花を使って祭壇をつくり故人を送り出す“お葬式の地産地消”の提案にまで発展させたい考えだ。
・裾野広げ地産地消提案へ

 生活様式の多様化や核家族化の進展で、従来の一般葬に加え、家族葬など葬儀形態が多様化している。葬儀が小規模化していることから、これまでの白木祭壇を使わず、祭壇を花で飾る動きが拡大。この動きに目を付けた同社は2004年に葬儀事業に参入した。

・増える家族葬

 同社が現在手掛ける葬儀件数は年間600~700件で、6割が家族葬だ。故人の思い出を語る場として、祭壇には好きだった花が飾られたりする。バラやカーネーション、トルコギキョウといった洋花が中心で、供花まで含めると、使う花の本数は、従来の白木祭壇に比べると数倍になるという。花の需要拡大にもつながっている。

 家族葬は都市部を中心に広がってきた。同社でも首都圏や関西、札幌、福岡で手掛けてきたが、今後、地方でも花を使った祭壇が増えると想定している。ただ、花の調達などの問題もあることから、地元の葬儀事業者と連携して、花祭壇の拡大が図れないかを模索。コンサルタント事業を通じて、これまで培った制作技術のノウハウを提供し、花祭壇拡大の後押しをする。

・安定収入確保

 同社は、花き産地も持つJAと連携することで、花材の安定供給が可能と判断。現在、打診している2、3のJA葬祭を軸に、花祭壇のコンサル事業を来春から始めたい考えだ。

 また、花祭壇の拡大とともに、葬儀事業者間での競争激化も予想されるため、同社は祭壇で使う花の地産地消の提案も検討。「地域の花農家の安定収入や、切り花加工での雇用促進につながる」と話している。

花祭壇 コンサル事業計画 日比谷花壇 JA葬祭と連携も

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  2. 「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

    「給料・休日・希望」の新3Kを建設に…国交相と経団連懇談で

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

  5. 日本コムシスがBEMS事業に参入

  6. 東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

  7. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  8. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  9. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  10. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

アクセスランキングをもっと見る

page top