商圏の未来を探るアイテム「未来統計」16年版発売 画像 商圏の未来を探るアイテム「未来統計」16年版発売

インバウンド・地域活性

 2013年から毎年発売されている楽しいチリビジの「未来統計」について、2016年版の発売が24日に開始された。

 「未来統計」は国勢調査を人口推計理論「コーホート法」により分析した人口統計データ。分譲マンションデータ(不動産経済研究所)や区画整理事業情報(楽しいチリビジ、シェアリング・ネット)なども情報分析に用いており、不連続的な社会的人口変動を加味したより精度の高いデータであることをうたう。

 2016年版は25年後の2040年までの近未来の町丁字別年齢別の人口値をカバー。2010年の国勢調査、2014年12月分譲開始までの分譲マンションデータ、2015年3月現在の区画整理事業情報を使用した。データは、町丁字等の単位に対応し、各歳刻みと5歳刻みから選択できる。

 小売・流通、サービス業で出店計画を立てる際、あるいはエリアを絞ったインフラ整備を実施する関連企業など、商圏の未来を探る上でのアイテムとして大きな武器となりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備、財務省から土地と建物を取得

    桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備、財務省から土地と建物を取得

  4. 魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  7. 富裕層インバウンドの法則その3

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 東急東横線の渋谷旧線跡開発、『日本一訪れたい街』を目指す!

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top