ねじれに強い駐車場路面向けフィルム…3M 画像 ねじれに強い駐車場路面向けフィルム…3M

インバウンド・地域活性

3Mジャパンは、サイン業界初となる据え切り時のタイヤのねじれに強い駐車場路面向けのマーキングフィルム「3M スコッチカル ペイントフィルム コマーシャルパーキンググラフィックス CPG-II」の販売を11月24日から開始する。

新製品は、据え切り時にかかる路面への負担に対して耐久性を向上させたマーキングフィルム。カラフルなアイコンなどを用いて、動線や注意喚起などのサインの視認性を高めて駐車場の安全性を図ることや、暗いイメージがある駐車場を親しみやすいイメージに変えることができる。また、企業ロゴなどを表示してブランディングのスペースにするなど、駐車場の新しい活用も可能だ。

施工は、専用の接着剤をフィルムの裏面と路面にそれぞれ均一に塗布し、乾燥後にフィルムを置いてゴムハンマーで圧着するだけ。路面塗装で必要となる下書きや加熱が不要で、簡単に貼ることができる。

新製品は3Mで印刷加工を実施。1枚あたりの最大サイズは1200mm×1800mmで、厚さは約0.2~0.3mm(専用接着剤を除く)。設計価格は1平米あたり5万円(税別)。別途専用接着剤4000円(1平米分)が必要となる。

3M、タイヤによるねじれに強い駐車場路面向けフィルムを発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

    相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  4. 中小二次製品メーカーが連携、雑草を抑えるブロックの普及へ

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top