ベトナム進出時に要チェック! ベトナムの若者とは? 画像 ベトナム進出時に要チェック! ベトナムの若者とは?

海外進出

 ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営するAsia Plusは、ホーチミンとハノイに在住する20代独身男女のベトナム人会社員を対象に「ベトナム人若者調査」を実施した。

 その結果、スマートフォン所有率は85%、1日のインターネット接続時間は平均4.7時間となった。31%が仕事に満足しているが、定期的に副業を行なっている割合も15%にのぼった。

 仕事に対して不満な点は「給与」が48%で他に比べて突出して高い。一方、満足点としては「場所」が34%、「給与」が33%、「休暇」が30%、「会社の雰囲気」が30%、「福利厚生」が28%など、さまざまな点が均等に挙がっている。

 世界の中でも国民の平均年齢が若いベトナム。商品・サービスの輸出先としてはもちろん、勤勉だと言われるベトナム人を労働力とするために生産拠点を置くなど、さまざまな形で進出が期待される。同調査でも訪問したい国として「日本」がトップの26%となるなど、親日ぶりがうかがえるだけに、若者の意識や志向を把握することで、ベトナムでビジネスチャンスをつかみたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  2. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  5. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  6. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  7. 三栄建築設計、ホーチミン市のマンション開発に参画

  8. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

  9. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  10. 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

アクセスランキングをもっと見る

page top