ベトナム進出時に要チェック! ベトナムの若者とは? 画像 ベトナム進出時に要チェック! ベトナムの若者とは?

海外進出

 ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営するAsia Plusは、ホーチミンとハノイに在住する20代独身男女のベトナム人会社員を対象に「ベトナム人若者調査」を実施した。

 その結果、スマートフォン所有率は85%、1日のインターネット接続時間は平均4.7時間となった。31%が仕事に満足しているが、定期的に副業を行なっている割合も15%にのぼった。

 仕事に対して不満な点は「給与」が48%で他に比べて突出して高い。一方、満足点としては「場所」が34%、「給与」が33%、「休暇」が30%、「会社の雰囲気」が30%、「福利厚生」が28%など、さまざまな点が均等に挙がっている。

 世界の中でも国民の平均年齢が若いベトナム。商品・サービスの輸出先としてはもちろん、勤勉だと言われるベトナム人を労働力とするために生産拠点を置くなど、さまざまな形で進出が期待される。同調査でも訪問したい国として「日本」がトップの26%となるなど、親日ぶりがうかがえるだけに、若者の意識や志向を把握することで、ベトナムでビジネスチャンスをつかみたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

  5. JICAが途上国で有望な技術等を公開、中小企業のODA活用を促進

  6. 日本発の果物、野菜ーー海外での品種登録の支援へ!

  7. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  8. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  9. 日本海外コンサルら、JICAから受注。ブータンに専門家を派遣

  10. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

アクセスランキングをもっと見る

page top