ベトナム進出時に要チェック! ベトナムの若者とは? 画像 ベトナム進出時に要チェック! ベトナムの若者とは?

海外進出

 ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営するAsia Plusは、ホーチミンとハノイに在住する20代独身男女のベトナム人会社員を対象に「ベトナム人若者調査」を実施した。

 その結果、スマートフォン所有率は85%、1日のインターネット接続時間は平均4.7時間となった。31%が仕事に満足しているが、定期的に副業を行なっている割合も15%にのぼった。

 仕事に対して不満な点は「給与」が48%で他に比べて突出して高い。一方、満足点としては「場所」が34%、「給与」が33%、「休暇」が30%、「会社の雰囲気」が30%、「福利厚生」が28%など、さまざまな点が均等に挙がっている。

 世界の中でも国民の平均年齢が若いベトナム。商品・サービスの輸出先としてはもちろん、勤勉だと言われるベトナム人を労働力とするために生産拠点を置くなど、さまざまな形で進出が期待される。同調査でも訪問したい国として「日本」がトップの26%となるなど、親日ぶりがうかがえるだけに、若者の意識や志向を把握することで、ベトナムでビジネスチャンスをつかみたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

    中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

  3. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  4. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  5. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  6. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  7. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  8. 三菱商事、日清食品インドネシア現法に出資

  9. 国交省、カンボジアの「建設法案」整備に向け現地で意見交換会 11月5-6日

  10. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

アクセスランキングをもっと見る

page top