20年後の国内市場は9.7兆円! 対話ロボット「Sota」の開発加速 画像 20年後の国内市場は9.7兆円! 対話ロボット「Sota」の開発加速

インバウンド・地域活性

 ロボットスタートは24日、ヒト型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を開発中のヴイストンと業務提携すると発表した。

 ロボットスタートは家庭用・オフィス用・店舗用の人型ロボットを中心に、ロボットアプリの開発やロボットアプリデベロッパーネットワークの構築などを展開している。同社が蓄積したノウハウを「Sota」の活かすのが、今回の業務提携の狙いの1つだ。

 「Sota」は現在、デベロッパー向けのモデルを販売しているが、一般向けモデルの販売に向けて今後、Sotaアプリの開発・普及環境を整備。さまざまなプロモーション展開も予定している。

 経済産業省の「日本のロボット産業の足元市場規模推計」によると、国内のロボット市場は今から約20年後、2035年には9.7兆円(そのうちの50%はサービス分野のロボット)に成長すると予測している。今回の業務提携は、市場成長が見込まれるロボット開発の将来性を象徴する1つだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 富裕層インバウンドの法則その6

  10. 国立アイヌ民族博物館建設、予定地はポロト湖畔周辺

アクセスランキングをもっと見る

page top