20年後の国内市場は9.7兆円! 対話ロボット「Sota」の開発加速 画像 20年後の国内市場は9.7兆円! 対話ロボット「Sota」の開発加速

インバウンド・地域活性

 ロボットスタートは24日、ヒト型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を開発中のヴイストンと業務提携すると発表した。

 ロボットスタートは家庭用・オフィス用・店舗用の人型ロボットを中心に、ロボットアプリの開発やロボットアプリデベロッパーネットワークの構築などを展開している。同社が蓄積したノウハウを「Sota」の活かすのが、今回の業務提携の狙いの1つだ。

 「Sota」は現在、デベロッパー向けのモデルを販売しているが、一般向けモデルの販売に向けて今後、Sotaアプリの開発・普及環境を整備。さまざまなプロモーション展開も予定している。

 経済産業省の「日本のロボット産業の足元市場規模推計」によると、国内のロボット市場は今から約20年後、2035年には9.7兆円(そのうちの50%はサービス分野のロボット)に成長すると予測している。今回の業務提携は、市場成長が見込まれるロボット開発の将来性を象徴する1つだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その1

  9. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top