20年後の国内市場は9.7兆円! 対話ロボット「Sota」の開発加速 画像 20年後の国内市場は9.7兆円! 対話ロボット「Sota」の開発加速

インバウンド・地域活性

 ロボットスタートは24日、ヒト型コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」を開発中のヴイストンと業務提携すると発表した。

 ロボットスタートは家庭用・オフィス用・店舗用の人型ロボットを中心に、ロボットアプリの開発やロボットアプリデベロッパーネットワークの構築などを展開している。同社が蓄積したノウハウを「Sota」の活かすのが、今回の業務提携の狙いの1つだ。

 「Sota」は現在、デベロッパー向けのモデルを販売しているが、一般向けモデルの販売に向けて今後、Sotaアプリの開発・普及環境を整備。さまざまなプロモーション展開も予定している。

 経済産業省の「日本のロボット産業の足元市場規模推計」によると、国内のロボット市場は今から約20年後、2035年には9.7兆円(そのうちの50%はサービス分野のロボット)に成長すると予測している。今回の業務提携は、市場成長が見込まれるロボット開発の将来性を象徴する1つだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  10. “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

アクセスランキングをもっと見る

page top