3世代同居をターゲットにしたビジネスにチャンス!? 画像 3世代同居をターゲットにしたビジネスにチャンス!?

ライフ

 住宅情報を提供するオウチーノは24日、「3世代同居に関するアンケート調査」の結果を公表。「3世代同居したいと思わない」は45%だった。

 同調査は首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住の20~49歳の子どもを持つ既婚男女を対象に実施。その結果、「3世代同居したいと思う」が15.5%、「自分の親となら3世代同居したいと思う」が17.9%、「配偶者の親となら3世代同居したいと思う」が3.1%。36.5%が3世代同居に前向きであることがわかった。「同居している」も9.9%にのぼっており、“同居vs非同居”は拮抗している。

 「同居したい・同居している」理由は、「自分や子どもが急病の時に心強い」が14.2%、「親・義親が急病の時にすぐ対応できる」が11.8%、「親・義親の健康状態を確認できる」が7.3%を占めた。一方、「同居したいと思わない」理由は「気遣いが増える」が25.8%、「プライバシーが確保できない」が17.8%、「生活時間やリズムが違う」が17.5%となった。

 3世代での同居に意外とニーズがあることを示した今回の調査結果。3世代同居をターゲットにしたビジネスにチャンスがあることがうかがえる。加えて、「同居したいと思わない」理由を解消する商品・サービスが増えることで、3世代同居ビジネスの市場はさらに広がりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 子連れOKのシェアオフィス広がる

    子連れOKのシェアオフィス広がる

  2. 生花店、「いい夫婦の日」で贈答需要拡大に期待感

    生花店、「いい夫婦の日」で贈答需要拡大に期待感

  3. 4年に1度の「肉の日」2回の2月、仕掛ける外食産業

    4年に1度の「肉の日」2回の2月、仕掛ける外食産業

  4. いい夫婦の日、11月22日に鉢花贈ろう…消費拡大プロジェクト 

  5. 下水道広報プラットホームが働く女性の情報誌創刊

  6. 再生色画用紙「フレッシュカラー」シリーズに新色登場

アクセスランキングをもっと見る

page top