杭打ち問題、国交省が関連団体にデータ流用有無の報告指示 画像 杭打ち問題、国交省が関連団体にデータ流用有無の報告指示

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、基礎杭工事のデータ流用問題で、杭工事の業界団体であるコンクリートパイル建設技術協会(黒瀬晃会長)に対し、自主点検の結果について、データ流用の有無や、流用が判明した場合は件数なども含めて27日に報告するよう指示した。
 この問題での同協会に対する指示は自主点検の実施状況の報告を求めた指示に続き2回目。
 同協会は19日、旭化成建材を除く会員企業40社のうち、30社が点検を実施しており、点検済みの件数が2388件に上ることを報告した。
 報告を受け、国交省は石井啓一国交相のコメントを発表。「業界自らが率先してデータ流用などの再発防止に取り組んでいくことが必要」と指摘し、「データ流用が判明した物件については元請企業などと協力の上、杭の到達の有無の調査を求めていく」とした。

国交省/データ流用有無の報告指示/コンクリパイル建設技術協会に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 【着地型観光:4】アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  8. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  9. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  10. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

アクセスランキングをもっと見る

page top