東京・勝どき東地区再開発、都が組合設立認可 画像 東京・勝どき東地区再開発、都が組合設立認可

インバウンド・地域活性

 東京都は20日、中央区で総延べ約36・9万平方メートル規模のマンション群の建設を計画している「勝どき東地区市街地再開発組合」の設立を認可する。組合は16年12月の権利変換計画認可、17年9月の着工、27年3月の竣工を目指す。総事業費は約1655億円。
 再開発事業の対象地は中央区勝どき2、4(区域面積約3・7ヘクタール)。敷地をA1~3、Bの4地区に分け、A1地区は地下1階地上58階建て(高さ約195メートル)、A2地区は地下1階地上45階建て(約165メートル)、B地区は地下1階地上29階建て(約106メートル)のマンション、A3地区には3階建ての消防署をそれぞれ建設する。総延べ床面積は36万9205平方メートルを見込む。
 このほか、地区内にはマンション群と都営地下鉄大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路(延長約140メートル)を新設。地域の防災機能強化に向けて、災害時の一時集合場所となる広場(約2000平方メートル)や屋内避難スペース、水上の輸送拠点となる防災船着き場を整備する。
 事業協力者として三井不動産レジデンシャル、鹿島、清水建設が参画。設計コンサルタントは現代建築研究所と日本設計のJVで、建物の基本設計を手掛けている。

勝どき東地区再開発(東京都中央区)/都が11月20日に組合設立認可

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  5. 新国立競技場、大屋根や観客席の検証模型を公開/色味や安全性など確認

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top