アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

インバウンド・地域活性

「秘密結社 鷹の爪」
  • 「秘密結社 鷹の爪」
  • 「パンパカパンツ」
  • アニ玉祭総合プロデューサー 柿崎俊道氏
  • テレビ埼玉 営業局営業部長 高橋英彦氏
  • 株式会社DLE 代表取締役 椎木隆太氏
  • アニ玉祭のステージ会場の様子
  • アニ玉祭に登場した「頭文字D」の痛車
  • 「大洗あんこう祭」で提供された飲食物。アニメの世界感を表現したネーミングとなっている
 経済産業省 関東経済産業局は、千葉県・幕張メッセにて「地域におけるアニメビジネスの可能性」と題するセミナーを開催した。経済産業省では、各地域内の放送局と中小アニメ制作会社が協働でご当地アニメを制作することによって、2次利用ビジネスによる地域活性化や交流人口の増加を目指している。

 同イベントには、100名近くものアニメコンテンツ制作会社やテレビ局、地方自治体が参加。当日は、地域アニメビジネスに携わる3名から、事例を交えながら、地域発信のアニメビジネスを推進するポイントが紹介された。

 まず登壇したのは、アニメイベントのプロデューサーとして活躍する柿崎俊道氏。柿崎氏からは、2015年10月17日にさいたま市・ソニックシティで開催された「第3回 アニ玉祭(アニメ・マンガまつりin埼玉)」が紹介された。同イベントには約32,000人が来場し、ステージ会場では歓声による地鳴りを感じるほどの盛り上がりを見せたという。

■地域とアニメ「世界観」を結びつける
 当イベントでは、”アニメ”と”観光”をテーマにしたとのこと。会場は、アニメ会社が集まる「アニメ・キャラクターゾーン」と各市町村が集まる「地域観光ゾーン」が設けられた。「アニメ・キャラクターゾーン」では声優によるトークショーや握手会が開催されたほか、走り屋を描いたアニメ「頭文字D」の痛車を展示したり、異世界での自衛隊の活躍を描いたファンタジーアニメ「GATE」とコラボレーションするように、自衛隊に来てもらったりしたとのことだ。

 柿崎氏によると、「自衛隊が来るとファンは大盛り上がり」とのこと。「本物の自衛隊がなぜかコスプレイヤーに見える」らしく、ファンに好評だったとのことだ。30代~40代をターゲットにしたため、”萌え”ではなく、”メカ”をコンセプトにしたという。”メカ”というコンセプトに基づいてアニメの世界感を実世界に表現したことが、イベントを成功に結びつけたポイントのようだ。

 これと関連し、アニメの世界感を表現した飲食物が好評を博す場合も多いようだ。例えば、2015年11月15日に茨城県大洗町で開催された「大洗あんこう祭」。このイベントでは、大洗が舞台のアニメ「ガールズ&パンツァー」に関する飲食物が提供された。例えば、「あひる戦車コロッケ」「バレーボールたこ焼き」などである。アニメを知らない人からするとどのようなものかイメージがつかないが、柿崎氏いわく、「分かる人には分かる、ファンなら大喜びする」とことだ。

 アニメビジネスを進める上では、”アニメ権利元”、”ファン“、”地域”の3者が密接に関わることになる。この内アニメ権利元は、アニメ制作委員会やアニメ制作会社、原作者などに分けられ、関係者が非常に多い。このため、アニメを活用したい地域の企業や自治体からすると、これらの関係者の違いが分からず、どこに話を持ちかけて良いか分からないケースが多いという。
《まつかず・HANJO HANJO》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top