積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う 画像 積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う

マネジメント

 積水ハウスは19日、鴻池組との業務提携と、鴻池組の持ち株会社である鳳ホールディングス(大阪市中央区、蔦田守弘社長)との資本提携を同日付で行ったと発表した。得意とする事業領域が異なる積水ハウスと鴻池組は、今回の業務提携により、互いの強みを生かした相乗効果を創出し事業拡大を図る。両社の協力関係を明確化するため、積水ハウスは鳳HDの株式を取得。筆頭株主となり持分法適用関連会社にする。鴻池組と鳳HDにそれぞれ役員2人を派遣。提携を円滑に進める。
 積水ハウスと鴻池組は、これまでマンションやオフィスなどRC造物件の開発や宅地開発などで協力してきた。今後の事業環境の変化に対応するため今回、業務提携した。積水ハウスが持つ「住宅」に関する経営資源と、鴻池組の建築・土木に関する経営資源を融合。互いの提案力・営業力の強化を図るとともに、資材の共同購入や施工力の相互融通などにより建設事業全般でのコスト削減を目指す。
 両社の協力関係の明確化や業務提携の確実な進ちょくを実現するため、積水ハウスは鳳HDと資本提携した。鳳HDが12月24日に開催予定の株主総会で資本再編を承認することを前提に株式を取得する。現株主の三井住友銀行と株式譲渡契約を11月19日付で締結し、16年1月27日に株式取得と普通株式への転換を行う予定。これにより積水ハウスは鳳HDの議決権の33・3%を保有する。さらに鳳HDが実施する自己株式処分のすべてを引き受ける。

積水ハウス/鴻池組と業務提携/親会社株33・3%取得、住宅と建築・土木融合狙い

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

    【中小企業の『経営論』】第13回:中小企業による海外販路開拓(2):手段・施策について

  2. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

    【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  3. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  4. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

  5. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  6. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  7. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  8. 完全週休2日制モデル工事を中部地方整備局が試行……入札参加者が任意で選択

  9. 【外食ビジネスウィーク2015】ショーケースの冷却効率を上げる“適温剤”、電力を約30%削減

  10. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

アクセスランキングをもっと見る

page top