積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う 画像 積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う

マネジメント

 積水ハウスは19日、鴻池組との業務提携と、鴻池組の持ち株会社である鳳ホールディングス(大阪市中央区、蔦田守弘社長)との資本提携を同日付で行ったと発表した。得意とする事業領域が異なる積水ハウスと鴻池組は、今回の業務提携により、互いの強みを生かした相乗効果を創出し事業拡大を図る。両社の協力関係を明確化するため、積水ハウスは鳳HDの株式を取得。筆頭株主となり持分法適用関連会社にする。鴻池組と鳳HDにそれぞれ役員2人を派遣。提携を円滑に進める。
 積水ハウスと鴻池組は、これまでマンションやオフィスなどRC造物件の開発や宅地開発などで協力してきた。今後の事業環境の変化に対応するため今回、業務提携した。積水ハウスが持つ「住宅」に関する経営資源と、鴻池組の建築・土木に関する経営資源を融合。互いの提案力・営業力の強化を図るとともに、資材の共同購入や施工力の相互融通などにより建設事業全般でのコスト削減を目指す。
 両社の協力関係の明確化や業務提携の確実な進ちょくを実現するため、積水ハウスは鳳HDと資本提携した。鳳HDが12月24日に開催予定の株主総会で資本再編を承認することを前提に株式を取得する。現株主の三井住友銀行と株式譲渡契約を11月19日付で締結し、16年1月27日に株式取得と普通株式への転換を行う予定。これにより積水ハウスは鳳HDの議決権の33・3%を保有する。さらに鳳HDが実施する自己株式処分のすべてを引き受ける。

積水ハウス/鴻池組と業務提携/親会社株33・3%取得、住宅と建築・土木融合狙い

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  4. 東プレ、八千代工業の国内板金プレス事業を買収…ホンダ向け事業を強化

  5. 自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開

  6. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  7. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

  8. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  9. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  10. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top