積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う 画像 積水ハウスが鴻池組と業務提携、住宅と建築・土木融合狙う

マネジメント

 積水ハウスは19日、鴻池組との業務提携と、鴻池組の持ち株会社である鳳ホールディングス(大阪市中央区、蔦田守弘社長)との資本提携を同日付で行ったと発表した。得意とする事業領域が異なる積水ハウスと鴻池組は、今回の業務提携により、互いの強みを生かした相乗効果を創出し事業拡大を図る。両社の協力関係を明確化するため、積水ハウスは鳳HDの株式を取得。筆頭株主となり持分法適用関連会社にする。鴻池組と鳳HDにそれぞれ役員2人を派遣。提携を円滑に進める。
 積水ハウスと鴻池組は、これまでマンションやオフィスなどRC造物件の開発や宅地開発などで協力してきた。今後の事業環境の変化に対応するため今回、業務提携した。積水ハウスが持つ「住宅」に関する経営資源と、鴻池組の建築・土木に関する経営資源を融合。互いの提案力・営業力の強化を図るとともに、資材の共同購入や施工力の相互融通などにより建設事業全般でのコスト削減を目指す。
 両社の協力関係の明確化や業務提携の確実な進ちょくを実現するため、積水ハウスは鳳HDと資本提携した。鳳HDが12月24日に開催予定の株主総会で資本再編を承認することを前提に株式を取得する。現株主の三井住友銀行と株式譲渡契約を11月19日付で締結し、16年1月27日に株式取得と普通株式への転換を行う予定。これにより積水ハウスは鳳HDの議決権の33・3%を保有する。さらに鳳HDが実施する自己株式処分のすべてを引き受ける。

積水ハウス/鴻池組と業務提携/親会社株33・3%取得、住宅と建築・土木融合狙い

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 哀しい小規模企業のセキュリティ現状、教育も相談窓口も担当者もナシ

    哀しい小規模企業のセキュリティ現状、教育も相談窓口も担当者もナシ

  2. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

    大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  3. 月額1万円、何度も相談可能なコンサルサービス登場

    月額1万円、何度も相談可能なコンサルサービス登場

  4. 【展望2016・下】ゼネコン、担い手確保が最重要課題/協力会と一体で取り組み

  5. 会社の跡継ぎ、事業の引受先が見つからない!? 神奈川県に事業引継ぎ支援センター開設

  6. 建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

  7. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  8. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  9. 竹中工務店/データセンター向け省エネ空調システム開発/ラック背面に冷媒循環装置

  10. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

アクセスランキングをもっと見る

page top