「仕事に木のぬくもりを」…飛騨高山の木工店が木のネクタイ開発 画像 「仕事に木のぬくもりを」…飛騨高山の木工店が木のネクタイ開発

インバウンド・地域活性

  

 岐阜県高山市で、地元木工店のTS産業が開発した“木のネクタイ”が話題を呼んでいる。「NOKUTIE(ノクタイ)」と名付け、今月中にも売り出そうと、改良を進めている。

 ノクタイは、五つの部品をひもでつなげてあり、ゴムひもの輪で首に付ける。地場産の桜やカエデ、栗、ナラなど10種類ほどの木材を使う。木目を生かすために1本のノクタイを作る際に、1枚の板から切り出す。

 長さは295ミリ、幅は78ミリ、厚さは9~18ミリ。布のネクタイのような立体感を出し、ネクタイの裏に溝を彫って軽量化している。

 価格は1本当たり1万800円から。開発した同社代表の塩谷英雄さん(44)は「仕事に木のぬくもりをぜひ取り入れてほしい」とアピールする。(山田晃太郎)

[活写] 木を引き締め出勤だ 岐阜県高山市

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top