経産省、サービス業の“おもてなし”の見える化へ 画像 経産省、サービス業の“おもてなし”の見える化へ

インバウンド・地域活性

 経済産業省は18日、接客の良さやクレジットカード対応、清潔感などサービス品質の認証制度や標準化を取り入れるための「おもてなし規格認証(仮)に関する検討会」を立ち上げた。日本のサービス産業は品質は高いが、収益性は低いという課題を克服する狙い。多言語対応など訪日客に対する利便性を高める制度にもする。2016年2月にとりまとめを発表し、新たな認証制度として16年度内に試験運用に入る。

 経産省が検討会に提示した試案では、クレジットカード対応や外国語での説明員、ユニバーサルデザインなど評価しやすい項目だけでなく、施設の清潔感、詳細な商品説明ができるスタッフがいるか、接客について基準や研修制度があるかなどもサービス品質認証制度の対象とする考え。

 日本の小売りや飲食、宿泊、運輸、医療、介護などサービス産業は国際的にもサービスの質が高いとされ、政府は認証制度で質の高さを見える化できれば、収益に結びつけやすいと考えている。

 またサービス分野の標準化を策定する機運が世界的に高まっている。日本で早期に認証制度を作り、国際標準化をリードしたい考えだ。

年間訪日外国人、1900万人へ

 日本政府観光局(JNTO)が18日に発表した10月の訪日外国人数は、前年同月比43・8%増の182万9300人になった。10月としては、過去最高だった2014年(127万1705人)を上回り、単月でも7月(191万8356人)に次いで過去2番目の水準。1―10月の累計では前年同期比48・2%増の1631万6900人となり、田村明比古観光庁長官は「年間で1900万人台に達する見込み」と述べ、15年の1900万人突破を確実視した。

 10月は中国の国慶節が日本の紅葉シーズンと重なって訪日需要が高まり、大幅な増加につながった。国や地域別では、中国が同99・6%増の44万5600人で、2月から市場別で9カ月連続トップとなっている。中国は国慶節前後の訪日が拡大し、クルーズ船も46隻が寄港。航空便の増便もあり、拡大基調が続いた。10月までの累計では428万3700人となり、全市場で初めて400万人を超えた。

 2位の韓国は同48・6%増の37万800人、3位の台湾は同32・0%増の34万3600人、4位の香港は同66・9%増の12万9100人。2位の韓国と3位の台湾の順位が入れ替わったものの、上位4カ国・地域の顔ぶれに変動はなかった。

 そのほか、カナダとドイツが単月として過去最高を記録し、ロシアを除く17カ国・地域で10月として過去最高となった。台湾、インドネシア、カナダ、フランス、イタリア、スペインが10月までの累計で14年実績を上回り、今年の累計が14年実績を超えた市場は中国や韓国などを含め、11カ国・地域となった。

「おもてなし」クオリティーを国際標準へ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. "ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

  3. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

    「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top