女性生産者による加工食品認定、大分県が“おもてなし商品”募集 画像 女性生産者による加工食品認定、大分県が“おもてなし商品”募集

インバウンド・地域活性

 大分県が2015年度の「おんせん県おおいた 味力おもてなし商品」の認定コンクールを開催。現在出品を募集している。

 おんせん県おおいた 味力おもてなし商品は、県内の女性農林水産業者が県産物を活かして開発した商品を認定する制度。認定された商品は県が販促、PRを行うほか、生産者に対して加工食品関連の研修会や商談会といった販促関連の情報を提供していく。

 対象となる出品者は県内の女性本人、もしくは県内女性が構成員となっている団体や法人。出品対象は2013年度以降に発売、もしくは大幅リニューアルした加工食品。発売開始直前の商品も受け付ける。なお、加工食品は県産農林水産物を使用していることや、価格がおおむね1000円以内であることなどが条件となっている。出品区分は飲料、菓子、調味料、農林水産加工品、畜産加工品など。

 出品数は1出品者につき3点までで、写真とともに審査用の試食品の提出が必要となる。出品料は無料。募集期間は12月18日まで。2016年1月29日に、大分県都市農村交流研修館にて表彰を行う。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 死傷事件の津久井やまゆり園、全面建替で再生のシンボルに

  6. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

  7. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top