ケーヒン、HV用IPM向けパワー半導体の量産体制整う 画像 ケーヒン、HV用IPM向けパワー半導体の量産体制整う

インバウンド・地域活性

ケーヒンは11月20日、ハイブリッド車用新型パワーコントロールユニット(PCU)の中核部品であるインテリジェントパワーモジュール(IPM)の量産を開始したと発表した。

PCUは、昇圧コンバーター、モーターを駆動・回生するインバーターなどで構成。その中核部品となるIPMは、IGBTや還流ダイオードなどのパワー半導体の低損失と高耐熱、小型化を最適な冷却構造で実現。今回のPCUは業界トップクラスの出力密度を達成している。
ケーヒンは量産開始に際し、宮城第二製作所に同社初となるクラス10000のクリーンルームを設置し、ベアチップ実装ラインや高度な解析技術を取り入れた生産ラインを新たに導入。ハイブリッド車用電子制御ユニットをはじめ、アルミケースについても同製作所で内製し、PCUの最終組み立てを狭山工場で行うなど、これまでのハイブリッド車向け製品の技術領域を大きく拡大した。

今回のPCUおよびIPMは、先進環境製品としてハイブリッド車だけでなく、電気自動車をはじめ次世代のモビリティとして期待される燃料電池電気自動車にも技術的に応用が可能で、今後の電動化の進展に大きく貢献できる製品となる。

なおケーヒンでは、今回のPCUおよびIPMについて、今年度末で日産200台、来年度末には日産400台に生産能力を拡大する計画だ。

ケーヒン、HV用新型パワーコントロールユニットのインテリジェントパワーモジュール量産開始

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

    追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  8. JR春日井駅南東地区再開発、駅南側の活性化を図る

  9. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top