移動しながら道路の3Dデータ自動生成に成功……首都高 画像 移動しながら道路の3Dデータ自動生成に成功……首都高

IT業務効率

首都高速道路は11月20日、橋梁などの道路構造物をMMS(移動計測車両による測量システム)搭載のレーザスキャナで捉えた高密度点群から、3Dモデリングデータを自動生成することに成功したと発表した。

機械部品等の3D化技術は従来からあったが、MMS点群による道路構造物の3Dモデリング化は世界初の技術となる。MMSは通常のクルマと同様に走行し、道路規制することなく、道路構造物などの高密度点群を線的に整備することができる。

首都高は11月25日から2日間、東京ビッグサイトで開催される「ハイウェイテクノフェア2015」に出展し、デモンストレーションを実施。今後は、MMSによりビッグデータを蓄積することで、経年変化による変状検出、コンクリート構造解析への活用など、高度CIMの実現を視野に入れていく。

首都高、MMS点群から棟梁3Dモデリングデータの自動生成に成功

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  3. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  4. 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

  5. 今年こそ都会の仕事を農村で! ICT活用、移住者・移住企業続々

  6. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  7. 話題のスマートロックを探る!

  8. 【ITで強い商店街を作る:3】今どきの商店街のO2O戦略

  9. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  10. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

アクセスランキングをもっと見る

page top