複合施設EXPOCITYオープン…「大阪万博のような熱気を」 画像 複合施設EXPOCITYオープン…「大阪万博のような熱気を」

インバウンド・地域活性

 三井不動産が大阪府吹田市千里万博公園に完成させたエンターテインメントとショッピングの日本最大級の複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」が19日、グランドオープンを迎えた。三井不動産商業マネジメントの石崎庸一EXPOCITYオペレーションセンター所長ら関係者がテープカットを行い開業を祝った。敷地は約17ヘクタールで、25棟で構成する施設群の総延べ床面積は約22万平方メートル。設計・監理は竹中工務店、施工は竹中工務店・竹中土木JVが担った。
 セレモニーで石崎所長は「70年大阪万博のような熱気を呼び起こすように頑張る。日本を、そして世界を代表するランドマークにしたい」とあいさつ。日本万国博覧会記念公園事務所の大門芳一所長は「この地に素晴らしい新たな魅力を呼び込んでいただいた。多くの人に愛され、発展されることを願う」と祝辞を述べた。
 また海遊館(大阪市港区)が運営する、生き物を楽しめる博物館「NIFREL(ニフレル)」でも、小畑洋館長と吹田市PR大使でタレントの斉藤雪乃さんがセレモニーを行った=写真下。
 エキスポシティは大型エンターテインメント施設であるニフレルや、体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」、体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」、自然体感型施設「オービィ大阪」、「ひつじのショーン」の体験型アミューズメントパーク「ENTERTAINMENT FIELD」、「109シネマズ大阪エキスポシティ」、移動遊園地「ANIPO」、日本一の大観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」(16年春開業予定)と、商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」で構成。
 全体の構造はS一部SRC・RC造。階数は地下2階地上3階建て。延べ床面積は22万2506平方メートル。14年7月1日に着工し、今月15日に完成した。

三井不/大阪府吹田市に国内最大級の複合施設開業/25棟構成、総延べ22万平米

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 富裕層インバウンドの法則その4

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top