複合施設EXPOCITYオープン…「大阪万博のような熱気を」 画像 複合施設EXPOCITYオープン…「大阪万博のような熱気を」

インバウンド・地域活性

 三井不動産が大阪府吹田市千里万博公園に完成させたエンターテインメントとショッピングの日本最大級の複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」が19日、グランドオープンを迎えた。三井不動産商業マネジメントの石崎庸一EXPOCITYオペレーションセンター所長ら関係者がテープカットを行い開業を祝った。敷地は約17ヘクタールで、25棟で構成する施設群の総延べ床面積は約22万平方メートル。設計・監理は竹中工務店、施工は竹中工務店・竹中土木JVが担った。
 セレモニーで石崎所長は「70年大阪万博のような熱気を呼び起こすように頑張る。日本を、そして世界を代表するランドマークにしたい」とあいさつ。日本万国博覧会記念公園事務所の大門芳一所長は「この地に素晴らしい新たな魅力を呼び込んでいただいた。多くの人に愛され、発展されることを願う」と祝辞を述べた。
 また海遊館(大阪市港区)が運営する、生き物を楽しめる博物館「NIFREL(ニフレル)」でも、小畑洋館長と吹田市PR大使でタレントの斉藤雪乃さんがセレモニーを行った=写真下。
 エキスポシティは大型エンターテインメント施設であるニフレルや、体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」、体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」、自然体感型施設「オービィ大阪」、「ひつじのショーン」の体験型アミューズメントパーク「ENTERTAINMENT FIELD」、「109シネマズ大阪エキスポシティ」、移動遊園地「ANIPO」、日本一の大観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」(16年春開業予定)と、商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」で構成。
 全体の構造はS一部SRC・RC造。階数は地下2階地上3階建て。延べ床面積は22万2506平方メートル。14年7月1日に着工し、今月15日に完成した。

三井不/大阪府吹田市に国内最大級の複合施設開業/25棟構成、総延べ22万平米

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  7. 東京五輪選手村の晴海再開発、これまでにない先進的な環境都市づくり!

  8. 赤いポテチが人気! 色の秘密を探る!

  9. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top