複合施設EXPOCITYオープン…「大阪万博のような熱気を」 画像 複合施設EXPOCITYオープン…「大阪万博のような熱気を」

インバウンド・地域活性

 三井不動産が大阪府吹田市千里万博公園に完成させたエンターテインメントとショッピングの日本最大級の複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」が19日、グランドオープンを迎えた。三井不動産商業マネジメントの石崎庸一EXPOCITYオペレーションセンター所長ら関係者がテープカットを行い開業を祝った。敷地は約17ヘクタールで、25棟で構成する施設群の総延べ床面積は約22万平方メートル。設計・監理は竹中工務店、施工は竹中工務店・竹中土木JVが担った。
 セレモニーで石崎所長は「70年大阪万博のような熱気を呼び起こすように頑張る。日本を、そして世界を代表するランドマークにしたい」とあいさつ。日本万国博覧会記念公園事務所の大門芳一所長は「この地に素晴らしい新たな魅力を呼び込んでいただいた。多くの人に愛され、発展されることを願う」と祝辞を述べた。
 また海遊館(大阪市港区)が運営する、生き物を楽しめる博物館「NIFREL(ニフレル)」でも、小畑洋館長と吹田市PR大使でタレントの斉藤雪乃さんがセレモニーを行った=写真下。
 エキスポシティは大型エンターテインメント施設であるニフレルや、体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」、体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」、自然体感型施設「オービィ大阪」、「ひつじのショーン」の体験型アミューズメントパーク「ENTERTAINMENT FIELD」、「109シネマズ大阪エキスポシティ」、移動遊園地「ANIPO」、日本一の大観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」(16年春開業予定)と、商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」で構成。
 全体の構造はS一部SRC・RC造。階数は地下2階地上3階建て。延べ床面積は22万2506平方メートル。14年7月1日に着工し、今月15日に完成した。

三井不/大阪府吹田市に国内最大級の複合施設開業/25棟構成、総延べ22万平米

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  4. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. ~Sakeの海外戦略:2~酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  7. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  8. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 女性生産者による加工食品認定、大分県が“おもてなし商品”募集

アクセスランキングをもっと見る

page top