地方の新たな“足”に? 埼玉・上里町で小型モビリティ実証実験 画像 地方の新たな“足”に? 埼玉・上里町で小型モビリティ実証実験

インバウンド・地域活性

 人口約3万人の埼玉県上里町で、超小型モビリティをつかったまちづくりの実証実験がスタートする。

 この実証実験は国土交通省の支援を受け、産学官連携による組織「上里町超小型モビリティ利活用推進協議会」によって行われるもの。11月30日から地域住民にHTM-Japanの「超小型モビリティこむぎっちカー」が貸し出される。

 これは、公共交通機関が少ない同町のようなエリアで、高齢化が進む中での新たな交通支援策としての小型モビリティの可能性を探るもの。こむぎっちカーは一般的な駐車場1台分のスペースに3台駐車が可能なサイズで、太陽光充電が可能。充電した電力はインバーターに蓄電することもでき、避難所などでの電源としても利用できる。こうした機能も新たなまちづくりに役立てていくとのことだ。

 実証実験ではこむぎっちカー6台を貸し出し、町内で最大36世帯が運転者となって運用する。太陽光発電による充電と走行実験を行い、有効性や仕様上の課題、インフラ上の問題点などを検証していく。

 実証実験の期間は11月30日から2016年2月29日まで。11月30日には上里町役場にて実験開始の式典も行われる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  2. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  3. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  7. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 福島県・三島大橋補修、10月27日に起工式…東北整備局直轄で

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top