5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作 画像 5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作

インバウンド・地域活性

 大量生産と同水準の価格で、オリジナル商品の小ロット生産ができたら……そんなニーズに応えるサービス「シェアプロダクション」をGrow-Up Factoryが開始した。

 シェアプロダクションはTシャツやボイスキーホルダー、ボイスクロックといった製品を複数社でシェアすることで、ローコストで生産できるサービス。オリジナルTシャツなどを制作する際、同じタイミングで同じ素材を使用する商品をつくりたい企業を複数集めることで、材料調達コストを軽減する。プリントや縫製などの工程も複数社のものを一括で行うため、生産コストも下げることができる。

 この仕組みによって、5000個のものと同じ発注単価で500個だけ生産といった、ローコストな少量生産が可能となる。また、小ロット生産サービスではデザイン的な制約も多いが、シェア生産することで、大規模ロットと同様にデザインの自由度が見込めるという。

 生産は原則として3000個、4000個、5000個のいずれかを上限数として設定。10社で5000個といったパターンのほか、1社で500個の商品を複数種類発注といった利用もできる。

 同社では今後、シェアプロダクションでつくれる商品ラインナップを増やしていく予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  3. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  4. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  5. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  6. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  7. 盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top