5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作 画像 5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作

インバウンド・地域活性

 大量生産と同水準の価格で、オリジナル商品の小ロット生産ができたら……そんなニーズに応えるサービス「シェアプロダクション」をGrow-Up Factoryが開始した。

 シェアプロダクションはTシャツやボイスキーホルダー、ボイスクロックといった製品を複数社でシェアすることで、ローコストで生産できるサービス。オリジナルTシャツなどを制作する際、同じタイミングで同じ素材を使用する商品をつくりたい企業を複数集めることで、材料調達コストを軽減する。プリントや縫製などの工程も複数社のものを一括で行うため、生産コストも下げることができる。

 この仕組みによって、5000個のものと同じ発注単価で500個だけ生産といった、ローコストな少量生産が可能となる。また、小ロット生産サービスではデザイン的な制約も多いが、シェア生産することで、大規模ロットと同様にデザインの自由度が見込めるという。

 生産は原則として3000個、4000個、5000個のいずれかを上限数として設定。10社で5000個といったパターンのほか、1社で500個の商品を複数種類発注といった利用もできる。

 同社では今後、シェアプロダクションでつくれる商品ラインナップを増やしていく予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

    共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  7. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  10. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

アクセスランキングをもっと見る

page top