5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作 画像 5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作

インバウンド・地域活性

 大量生産と同水準の価格で、オリジナル商品の小ロット生産ができたら……そんなニーズに応えるサービス「シェアプロダクション」をGrow-Up Factoryが開始した。

 シェアプロダクションはTシャツやボイスキーホルダー、ボイスクロックといった製品を複数社でシェアすることで、ローコストで生産できるサービス。オリジナルTシャツなどを制作する際、同じタイミングで同じ素材を使用する商品をつくりたい企業を複数集めることで、材料調達コストを軽減する。プリントや縫製などの工程も複数社のものを一括で行うため、生産コストも下げることができる。

 この仕組みによって、5000個のものと同じ発注単価で500個だけ生産といった、ローコストな少量生産が可能となる。また、小ロット生産サービスではデザイン的な制約も多いが、シェア生産することで、大規模ロットと同様にデザインの自由度が見込めるという。

 生産は原則として3000個、4000個、5000個のいずれかを上限数として設定。10社で5000個といったパターンのほか、1社で500個の商品を複数種類発注といった利用もできる。

 同社では今後、シェアプロダクションでつくれる商品ラインナップを増やしていく予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top