5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作 画像 5000個発注の単価で500個生産…独自商品、シェアで制作

インバウンド・地域活性

 大量生産と同水準の価格で、オリジナル商品の小ロット生産ができたら……そんなニーズに応えるサービス「シェアプロダクション」をGrow-Up Factoryが開始した。

 シェアプロダクションはTシャツやボイスキーホルダー、ボイスクロックといった製品を複数社でシェアすることで、ローコストで生産できるサービス。オリジナルTシャツなどを制作する際、同じタイミングで同じ素材を使用する商品をつくりたい企業を複数集めることで、材料調達コストを軽減する。プリントや縫製などの工程も複数社のものを一括で行うため、生産コストも下げることができる。

 この仕組みによって、5000個のものと同じ発注単価で500個だけ生産といった、ローコストな少量生産が可能となる。また、小ロット生産サービスではデザイン的な制約も多いが、シェア生産することで、大規模ロットと同様にデザインの自由度が見込めるという。

 生産は原則として3000個、4000個、5000個のいずれかを上限数として設定。10社で5000個といったパターンのほか、1社で500個の商品を複数種類発注といった利用もできる。

 同社では今後、シェアプロダクションでつくれる商品ラインナップを増やしていく予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  3. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  6. 岐阜県・多治見駅南地区再開発計画、事業費228億円

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  9. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  10. 富裕層インバウンドの法則その7

アクセスランキングをもっと見る

page top